<< 今年、僕は「札幌 1957」を... 連休最終日、激しい黄砂が訪れた。 >>

今、僕は、東京から札幌まで24時間を要した時代の日本を旅してみたいと思っている

b0103470_05545240.jpg

東京から札幌までは二十四時間で着く。
そんなに早いのか、と初めての人は驚くであろう。
しかし、上野で汽車に乗ると、青森までは実に長い。
急行で十二時間かかる。
仙台までが六時間、そこから先が六時間である。
(略)
青森で連絡船に乗ると、ほっとする。
四時間の船の旅の後に、函館が見えてくる。
(略)
函館から急行で八時間ほどで小樽に着く。
そこから四十分ほどで札幌に着く。

「夏の北海道」伊藤整(1940年)


昭和15年当時、東京から札幌までは24時間を要したらしい。
まさに、丸一日の大旅行である。
もっとも、当時の人たちは「そんなに早いのか」と驚いたようだから、東京の人たちにとって、いかに北海道が遠い存在であったかが分かる。

なにしろ、中国大陸の満州が日本国だった時代である。
その満州に比べれば、北海道なんて近いに決まっているような気がする。
それでも、東京の人たちの感覚的には、満州も北海道もあまり違いはなかったのだろうか。

それにしても、東京から札幌までの24時間の移動を、人々は何を考えながら過ごしていたのだろうか。

札幌から東京まで寝台列車が走っていた時代、僕は何度かこの列車を利用したことがある。
(という言い方ができるようになってしまった)
その頃、札幌から上野までの所要時間は16時間であった。

寝台列車だから、夕方に札幌を出発して、翌朝に東京到着である。
ほとんど寝ているだけの移動だけれど、それでも、この移動時間は非常に長く感じられた。
長い移動時間を楽しむことに、札幌から東京まで列車を使うことの意義があったのだろう。

今、僕は、東京から札幌まで24時間を要した時代の日本を旅してみたいと思っている。

by kels | 2017-05-07 18:05 | 旅行 | Comments(2)
Commented by J.W. at 2017-05-08 21:43 x
kelsさん今晩は
昭和15年で東京・札幌間24時間だそうですが、私は意外に早かったんだという感想です。というのも、昭和36年でも最速列車で21時間台だったからです。私が学生時代の昭和40年代にようやく特急が出来て17時間台を達成した。貧乏学生の身分ではまだまだ24時間ぐらいは覚悟して普通急行を利用して帰省したものです。連絡船の乗換時には、青森や函館の長い長い桟橋やホームを駆けて、席を確保する。若かったから出来たんだと思います。
Commented by kels at 2017-05-13 07:10
J.W. さん、こんにちは。
昭和36年でも21時間かかったのですね~。
近代の文明の進展がすごいということなんでしょうね。
連絡船に向って走る人たちの写真は、本で読んだことがあるような気がします(笑)
<< 今年、僕は「札幌 1957」を... 連休最終日、激しい黄砂が訪れた。 >>