<< 運転手は余裕の笑みを浮かべなが... 札幌マルヤマクラスの「スタバ福... >>

北菓楼「空知郡バタ煎餅(クッキー)」は石川啄木の名作から生まれたお菓子です

b0103470_17483587.jpg

今日で年末年始のお休みも終わりです。
長いお休みもいつもの休みどおりにカフェでまったりとして過ごしました。
お正月も営業しているカフェってすごいです。

さて、今回は北海道のお菓子紹介シリーズ(シリーズ化するのか?)から、北菓楼の「空知郡バタ煎餅(クッキー)」をご紹介したいと思います。
砂川市のお菓子屋さん北菓楼は、旧道立文書館を店舗に改装するなど、文化的な香りが強く、商品名にも北海道の旅情がたっぷりと漂っています。
この「空知郡バタ煎餅(クッキー)」も、分かる人にはたまらない北海道文学の香りがプンプンしていますよね~。

石川啄木が好きな人は、商品名を聞いただけで「なるほどね」と納得してしまうのではないでしょうか。
そうです、キーポイントは「空知郡(そらちごおり)」と「バタ」の2文字。
「空知郡のバタ」と言えば、石川啄木のあの名作ですよね。

明治44年、石川啄木は日記の中に、こんなことを書き残しています。

もう一通は橘智恵子からであった。
否北村智恵子からであった。
送った歌集の礼状である。
思い当たるのがあると書いてあった。

今年の五月とうとうお嫁に来たと書いてあった。
自分のところで作ったバタを送ると書いてあった。
そうして彼女はその手紙の中に函館を思い出していた。

「明治四十四年当用日記」石川啄木(1911年)

石川啄木は、函館の小学校で代用教員として勤務した時に、同僚の教員・橘智恵子と知り合います。
函館大火で焼け出された啄木は、札幌へ引っ越ししてきますが、橘智恵子に対する思いは、相当に強かったと言われています。
代表作「一握の砂」のうち、なんと22首が、この橘智恵子について歌ったものだというからすごいです。

啄木は、札幌の後、小樽、釧路を経て東京へ移住しますが、橘智恵子に対する思いを抱き続けていました。
「人妻にならないうちに、もう一度だけでも会いたい」と書き記していますが、ある年、とうとう名前の変わった智恵子からの手紙を手にします。

初めて苗字の変わった賀状を貰った。
異様な気持ちであった。
「お嫁には来ましたけれど、心はもとのまんまの智恵子ですから」と書いてあった。
そうして自分のところでこさへたバタを送ってくれたと書いてあるが、東北線の汽車雪でおくれてるのでまだ着かない。

「明治44年書簡」石川啄木(1911年)

友人に宛てた手紙の中でも、啄木は「異様な気持ち」を吐露しています。
そして、このとき、非常に重要な役割を果たしたアイテムが「バタ」でした。
空知地方の北村牧場へ嫁いだ智恵子は、自分の牧場で作ったバターを啄木に宛てて送っていたのです。

そうして、一首の有名な作品が完成しました。

石狩の空知郡(そらちごおり)の
牧場のお嫁さんより送り来し
バタかな。

「悲しき玩具」石川啄木(1912年)

北菓楼のこのお菓子は、もちろん、啄木のこの作品をモチーフとしたものです。
北菓楼自体、空知郡(そらちぐん)のお菓子屋さんですので、まさに作品にぴったりのお菓子だったのでしょう。
啄木ファンならずとも一度は口にしていただきたい、北海道銘菓ならぬ「空知銘菓」です。

ちなみに筆者も空知郡出身なので、強い思い入れがあるのかもしれませんね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2017-01-03 18:26 | 食べ物 | Comments(0)
<< 運転手は余裕の笑みを浮かべなが... 札幌マルヤマクラスの「スタバ福... >>