<< 長年札幌に暮らしていてさえ、雪... 札幌の街は1966年以来50年... >>

除雪や排雪システムが行き届かなかった昭和初期の札幌を見ているような気がする

b0103470_17463290.jpg

小樽に下車したときでございました。
十二月のさなかなので町はすっかり雪、この雪のことも、くわしくおしらせしたいのですが、三尺も四尺も雪がつもったら歩けはしまいとおっしゃいましたけれど、立派に歩けますのですよ。
しかも下駄ばきで歩けるのでございます。
そのかわり、雪がすっかりふみかためられて鏡の面のように硬くなっておりますので、氷の上を歩くと同じなのでございます。
はじめて小樽の街でその雪道に出ましたときは、どうにも滑って歩けず、とうとう停車場の前で立往生いたしてしまいました。

「早春箋」辻村もと子(1944年)

朝イチで街に出かける。
今日は4週間に1度の髪を切る日なのだ。

昨日までの大雪はすっかりと止んで、青空が広がっている。
もっとも、積もった雪は街をすっかりと埋め尽くしていて、街の規模が何だか小さくなったような気がする。
自動車が走る道路も歩道も、夏よりずっと狭く小さくなっていた。

ミンガスコーヒーでチーズトーストの朝食を食べてからヘアサロンに向かう。
寒くなってから、ずっと伸ばしていたので、そろそろ切らなければならない。
マッシュショートベースにツーブロックを組み合わせてもらって、かなりさっぱりとした。

髪を切り終わると、もう昼近くになっていたので、地下鉄大通駅の居酒屋「魚力」で昼食を食べる。
この店では、いつも焼いたホッケの定食を食べている。
と言うよりも、ホッケが食べたくなったとき、僕はこの店に来るのだ。

大丸札幌店の「Folli Follie」でクリスマス・プレゼントを購入。

夕方まで時間があるので、南3条の「ムジカホールカフェ」に顔を出してみる。

要予約の季節限定クリスマスパフェを食べることができるという。
この大雪で来店キャンセルとなったお客さんが相次いでいるらしい。
期せずして、クリスマスのパフェを食べることができた。

丸井今井で夕食の食材を買い込み、地下駐車場から自動車を出す。
円山のジェラート専門店「Gelateria cremerice(ジェラテリア クレメリーチェ)に、クリスマスケーキを予約しているのだ。
しかし、大通から円山までは決して簡単な道のりではなかった。

この大雪で街の交通網は大混乱に陥っている。

幹線道路の除雪はどうにか済んでいるものの、寄せられた雪が高く積まれて道路の半分を占領している。
2車線が1車線になっている上、三連休のクリスマスイブで交通量も多い。
東西の通りを中心にして、近年見たことのないような渋滞が、どこまでも続いている。

渋滞を嫌って住宅街の中の小道に入ると、幹線道路以上に道が狭く、自動車がすれ違うこともできない。
幹線道路と並行して走る道まで渋滞しているから、どうにも動きようのない自動車が、あちこちで立ち往生している。
運転席から降りて相談し合う運転手の姿を何度も見ることができた。

結局、通常の数倍・数十倍もの時間を費やして、どうにか帰宅。
除雪や排雪システムが行き届かなかっただろう昭和初期の札幌を見ているような気がした。
ある意味で、貴重な経験だと思う。

願わくば、このような都市機能のマヒ状態が恒常化しないでほしいと思うのだけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-24 18:21 | 冬のこと | Comments(0)
<< 長年札幌に暮らしていてさえ、雪... 札幌の街は1966年以来50年... >>