<< 除雪や排雪システムが行き届かな... 随分昔のことだが、深夜の遠軽駅... >>

札幌の街は1966年以来50年ぶりの大雪で都市機能が麻痺しつつあるようだ

b0103470_6181098.jpg

札幌市では23日午後11時現在の積雪が96センチとなり、12月としては1966年以来の大雪になった。
千歳市の新千歳空港では23日夜までに284便が欠航し、過去に例のない6000人が空港内に足止めされ、JR北海道でも特急など計478本が運休して約5万人近くに影響した。
利用客らは「もううんざり」という表情を浮かべた。

毎日新聞(2016年12月24日)

札幌は雪のクリスマスイブの朝を迎えた。
もちろん、ロマンチックな話ではない。
市民生活を直撃しかねない自然災害の話である。

北海道の冬と言えば、雪が降ったり積もったりするのは当然のことである。
ただ、雪は冬の間、均等に降り続けるのではなく、季節の中でも移り変わりを見せる。
雪が多く降るのは1月下旬から2月にかけてで、特にドカ雪というのは2月から3月にかけて降ることが多い。

一定程度の雪が積もったら、道路の端に雪を寄せる「除雪」と行う。
道路の端に積まれた雪は、冬の間にどんどん高く積み上がっていくわけだ。
このままでは、自動車の通行の邪魔だし、なにより視界が悪くなって危険だから、積み上げられた雪をトラックに乗せて遠くへ運ぶ「排雪」が行われる。

このような作業を行うことによって、札幌の市民生活は冬の間も安定的に保たれている。
もっとも、こうした作業は多額の予算を伴うものだから、無計画に行われることはない。
雪の降る時期、積もる時期に合わせて、計画的に実施される作業なのだ。

逆に言うと、計画で想定していない状況に遭遇すると、街はたちまち混乱する。
除雪が間に合わずに市電が全面運休したり、いつまでも排雪作業が行われずに道路が雪に埋もれたままで交通渋滞が恒常化したりする。
交通渋滞は流通を乱れさせ、市民生活を乱れさせる。

それがクリスマスのようなイベント時期に重なると、被害はいよいよ深刻なものとなっていく。
雪との戦いに敗れた時点で、札幌は経済的にも生活的にも破れてしまうという宿命を抱えているのだ。
それだけに、雪害対策は慎重に行われなければならないし、それこそが札幌の街に暮らす者の使命であると、僕は思う。

良い意味でも悪い意味でも、札幌の街に雪は欠くことのできない存在なのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-24 06:58 | 冬のこと | Comments(0)
<< 除雪や排雪システムが行き届かな... 随分昔のことだが、深夜の遠軽駅... >>