<< 女子学生が大学講師に御礼の手紙... 「札幌市電が走らなかった日」~... >>

これまで雪で運休したことのなかった札幌市電の歴史が奇跡みたいなものなのだ

b0103470_7323190.jpg

暁方(あけがた)の三時からゆるい陣痛が起り出して不安が家中に拡(ひろ)がったのは今から思うと七年前の事だ。
それは吹雪も吹雪、北海道ですら、滅多にはないひどい吹雪の日だった。
市街を離れた川沿いの一つ家はけし飛ぶ程揺れ動いて、窓硝子に吹きつけられた粉雪は、さらぬだに綿雲に閉じられた陽の光を二重に遮って、夜の暗さがいつまでも部屋から退(ど)かなかった。

「小さき者へ」有島武郎(1918年)

札幌や北海道を舞台にした文芸作品は古今無数にある。
そして、その多くの作品が、北海道の厳しい冬の暮らしを描いている。
北海道らしさを描こうとするとき、冬の凄まじさは決して忘れることのできない、北海道の風土だからだ。

無数の作家が北海道の冬を文章にしたためたけれど、その中で僕は、有島武郎の描く冬が一番好きだ。
特に、「小さき者へ」の冒頭部分にある吹雪の描写は、札幌の冬を簡潔に表現している。
心に沁み入る吹雪の情景だ。

その頃、有島の家は、菊水1 条1 丁目の豊平河畔にあった。
当時は住宅街というよりも、一帯は果樹園だったらしい。
明治の終わり頃のことである。

有島の暮らした住宅は、現在も開拓の村に保存されていて見学することが可能だ。
この住宅の前に立った時、この家がけし飛ぶほど揺れた吹雪の恐ろしさをリアルに想像することができるだろう。
現代のように、寒冷地住宅が十分に研究されてはいなかった時代の話なのだ。

吹雪に閉ざされて昼なお暗い冬の暮らしを、現代の僕たちは上手に思い描くことができない。
暖かい部屋の窓から眺める吹雪は、生命の安全が保証された吹雪だ。
明治時代の吹雪とは、きっと何もかもが違うのだろう。

そんな現代にあって、雪のために市電が終日運休したという事実は、人々をひどく驚かせた。

もっとも、JR北海道なんて大雪のたびに運休している。
鉄道の視点で考えてみれば、明治も平成も人間の非力さというのは、何も変わっていないのかもしれない。
これまで運休したことのなかった札幌市電の歴史が奇跡みたいなものなのだ。

さて、今日は市電、動くのかな?


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-11 07:39 | 冬のこと | Comments(2)
Commented by J.W/ at 2016-12-11 16:32 x
kelsさん、今晩は。
私は半世紀も前ですが、市電通学しておりましたが、全線運休なんて聞いたことが無いなあ。当時の方が今よりもずっと大雪だと思いますが、どうしてなんでしょう。
それにしても今、首都圏住まいの私は札幌の大雪のニュースが流れる度に、住んでいる皆さんの苦労に何だか申し訳ないという気持ちになってしまいます。でも雪のないクリスマスも味気なくて嫌ですけどね。
Commented by kels at 2016-12-11 20:03
J.Wさん、こんにちは。
市電の運休は、単に大雪だけが原因ではないような気がします。
およそ想定できないような雪が降ったとは、あまり感じられませんし。
雪は仕方ないとしても、よく、こんな北海道に街を作ったなあと、本当に感心します☆
<< 女子学生が大学講師に御礼の手紙... 「札幌市電が走らなかった日」~... >>