<< 「異国の匂いがするね」と、通り... 戦後間もない時期に、佐多稲子は... >>

ホワイト・イルミネーションは、冬の夜の札幌を楽しむのに最高のイベントだと思う

b0103470_725646.jpg

初めて札幌へ出かける人に、どこを見ればいいかと訊ねられた場合、私は必ず植物園とビール園と創成川畔だけは指摘する。
大通公園や中島公園は全国的に知れわたっていて、いまさら指摘の必要がないと思えるからである。
もっとも、その大通公園にしても、内地からの旅行者の殆んどが、三、四丁目あたりだけを眺めて通りすぎてしまうらしいが、本当の大通の姿は西へ入るほど深まってゆく。
三丁目四丁目あたりは、今では人工的になりすぎた。

「札幌の中の札幌」船山馨(1971年)

先日、ホワイト・イルミネーションを観るために、大通公園まで出かけた。
札幌テレビ塔からスタートしたのだけれど、大通公園の広さを改めて実感した。
どこまで行ってもイルミネーション会場が続いているのだ。

札幌テレビ塔は、大通公園の東端である西一丁目の東隅にある。
大通公園は、ここから西に向って整備されている。
突きあたりは、西13丁目の札幌資料館だ。

普通の市民が、大通公園の東端から西端までを歩く機会というのはほとんどない。
ジョギングや犬の散歩をしている人たちくらいのものである。
稀に、季節の写真を撮り歩いている物好きな人間もいたりするが(笑)

今回、イルミネーションは、西一丁目から西八丁目まで用意されている。
それぞれの区画ごとにテーマが設けられて趣向が凝らされているから、飽きるようなことはない。
冬の札幌の夜を楽しむには最高のイベントだと思う。

もちろん、八区画も観て歩けば結構な時間もかかるし、それなりに疲れるし、何より寒い。
合間にカフェタイムなども入れて、のんびりと札幌の夜を楽しむことをお勧めしたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-03 07:43 | 冬のこと | Comments(0)
<< 「異国の匂いがするね」と、通り... 戦後間もない時期に、佐多稲子は... >>