<< いろいろな人たちのいろいろな思... だけど、狸小路の狸がぶら下がっ... >>

たべるとくらしの研究所。雨の日に訪れたいと思えるカフェだ。

b0103470_20131542.jpg

雨が降っていた。
古い民家を改装したカフェの店内には、雨の音が響いている。
雨は少しずつ強くなっていった。

雨の日のカフェが、僕は好きだ。
特に、こんなふうに古い建物の古い窓辺の席。
古い窓のすぐ向こう側に雨がある。

いつもは賑わう人気の店も、こんな雨の日にはとても静か。
僕は窓ガラス越しに雨と向き合っている。
雨と向き合いながら、僕はきっと自分自身と向き合っているのだろう。

たべるとくらしの研究所。
雨の日に訪れたいと思えるカフェだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-08-20 20:20 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by peanut-street at 2016-08-21 18:06
冬は…あのガラスの向こうに冷たい風がありますね。
Commented by kels at 2016-10-02 21:30
peanut-streetさん、こんにちは。
コメント放置で本当に申し訳ありません。
たべるとくらしにも秋が来て、冬は確実に近づいています。
でも、あの冬の寒ささえも、このお店の魅力なんですよね~☆
<< いろいろな人たちのいろいろな思... だけど、狸小路の狸がぶら下がっ... >>