<< この街の子どもたちは、この公園... 北竜町「ひまわりの里」は最高の... >>

「すすきの祭り」のすすきの屋台で真夏の夜の夢を観た

b0103470_2161663.jpg

昨夜、「すすきの祭り」を観てきました。
「すすきの祭り」は、毎年8月上旬に開催されている、夏祭りのひとつです。
公式サイトに歴史が紹介がされていました。

昭和40年(1965年)8月、第1回の 薄野祭(現すすきの祭り)が開催された。
実際には、昭和26年7月に最初の薄野祭が行われたが、3年で立ち消えになった。
昭和40年の復活は第4回目となるが、なぜか第1回とし、以降継承して第49回を迎える。

昭和40年春、札幌観光協会が「従来の夏祭りは、大通りの広場で盆踊りや歌謡コンクールを行う程度で空疎だ。いっそ、狸小路の狸祭り、定山渓の河童祭り、それに薄野祭りを加え、連合的な規模の大サマーフェスティバルたらしめたら」とのアイディアを出し、この発想から復活した。
この祭りでは、「すすきの小唄」「すすきの音頭」が発表され、ミス薄野コンテスト、のど自慢大会、ビール早飲み大会などが行われた。

「すすきの観光協会」の公式サイト

最近はYOSAKOIソーランが披露されたりと、祭りの内容は時代とともに変化しているようです。

写真は、ちょっとした小路に現れた屋台で、駅前通りよりもススキノらしさに溢れています。
街灯も少ない薄暗い小路にたくさんの人たちが集まって賑やかに飲み食いしています。
両脇ではソープランドなどの風俗店が通常営業していて、まさに現代のススキノ模様といった感じがします。

木曜日から土曜日まで3日間行われた「すすきの祭り」も終了。
夏のイベントがひとつ終わるごとに、札幌の夏も終わりへと向かっていきます。
短すぎますね、札幌の夏っていうやつは。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-08-07 21:24 | 夏のこと | Comments(0)
<< この街の子どもたちは、この公園... 北竜町「ひまわりの里」は最高の... >>