<< 昭和3年、北海道で初めてのラジ... 札幌は、大通公園のビアガーデン... >>

街を歩くと、意外なところで昔の札幌の街並みを発見する

b0103470_2230112.jpg

街を歩くと、意外なところで昔の札幌の街並みを発見する。
例えば、道路工事現場の壁を利用した札幌の昔の街並み写真展。
発注側も受注側も頑張っているということだろうか。

だけど、どうして昔の街の写真なんだろうと、素朴に考えてみる。
過去への懐かしさなのか、誇りなのか、あるいは決別なのか。
新しい街を作ろうとしている工事現場に突然現れた昔の札幌の街並みの写真。

昔は良かったね、ということなのか。
きれいで便利な街になったね、ということなのか。
その答えは、きっと人それぞれによって違うはずだ。

大切なことは、過去の積み重ねの中に現在があるということだ。
現在の札幌も未来の札幌も、間違いなく過去の札幌の積み重ねの中にある。
僕たちは積み重ねられた時間の上を未来に向って歩き続けている。

もうひとつ大切なことは、そんな過去の歴史を、決して忘れたりはしないということだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-30 22:39 | 札幌のこと | Comments(0)
<< 昭和3年、北海道で初めてのラジ... 札幌は、大通公園のビアガーデン... >>