<< 石川啄木の札幌生活は、既に肌寒... 有島武郎の日記に描かれた明治時... >>

今年2016年の札幌の桜の開花日は4月25日、満開日は5月1日である

b0103470_5345988.jpg

もし文芸の鑑賞に志しながら、一種の花木と言ふより外に桜を理解出来ない人があるとすれば、その人は甚だお気の毒ですが、まづ文芸の鑑賞には縁のないものとおあきらめなさい。
これは文字の読めないのよりも、稽古する余地のないだけに一層致命的な弱点であります。
その証拠には御覧なさい。
より文字の読める文科大学教授は往々――と言ふよりも寧ろしばしば、より文字の読めない大学生よりも鑑賞上には明めくらであります。

「文芸鑑賞講座」芥川龍之介(1924年)

今年2016年の札幌の桜の開花日は4月25日、満開日は5月1日である。
平年よりも早い桜の到来で、桜の花と大型連休とが見事にマッチすることとなった。
札幌的には最高の花見シーズンである。

にも関わらず、今年は桜を観る機会が少なかった。
桜の季節の天候が悪くて、気温も低かったからである。
寒い日が続いているせいか、桜の花もグズグズと長持ちをしているようだ。

桜はパッと咲いてパッと散るのが桜らしいと、僕は思う。
降ったりやんだりの曖昧な天気の中で、まるで桜の花が生殺しになっているかのようだ。
こんな桜の季節の季節もあるんだなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-06 05:49 | 春のこと | Comments(0)
<< 石川啄木の札幌生活は、既に肌寒... 有島武郎の日記に描かれた明治時... >>