<< 中城ふみ子の手紙に描かれた札幌... 札幌の花見は焼き肉の花見だから... >>

札幌の人の啄木好きは、そもそも、啄木の札幌好きに由来する。

b0103470_2031762.jpg

札幌はよい所なり、
安全に暮らすことさえできれば五六年は札幌に居たし、
札幌は大なる田舎なり、美しき木立の都なり、
アカシヤの並木に秋風吹き候、水は冷たし、静かにして淋しく、
しめやかなる恋のたくさんありそうなところなり。

「宮崎大四郎宛て書簡」石川啄木(1907年)

札幌の人の啄木好きは、そもそも、啄木の札幌好きに由来する。
わずか2週間暮らしたに過ぎないこの街を、啄木は相当にお気に入りだったらしい。
当時の日記や手紙からは、札幌に対する啄木の思いが溢れている。

そもそも啄木が札幌にやって来たのは、函館で焼け出されたからだった。
街を焼き尽くしたという明治40年の函館大火に、啄木も見舞われたのだ。
当時、働いていた新聞社も、代用教員として勤めていた小学校も、みな焼けたという。

知人の紹介で、札幌の新聞社に仕事を見つけて、啄木は札幌へとやってくる。
もっとも、仕事は新聞記事の校正係で、待遇も高くなかった。
すぐに、条件の良い新聞社に誘われて、啄木は小樽へと引っ越してしまう。

木立の都、秋風の郷、しめやかなる恋のたくさんありそうなる都、
大いなる田舎町に似て物となく静かに住み心地よき札幌に別れ候うは、
小生に於て決して楽しき事には無之候いき、
然も十五円の校正子より二十円の記者の方が、
貧乏に倦み果てたる小生には好もしかりに候。

「大島経男宛て書簡」石川啄木(1907年)

もっとも、啄木は生まれながらにしての流浪人である。
条件の良い仕事が見つかったとしても、札幌に定着することがあったかどうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-03 20:44 | 文学 | Comments(0)
<< 中城ふみ子の手紙に描かれた札幌... 札幌の花見は焼き肉の花見だから... >>