<< 札幌の花見は焼き肉の花見だから... 石川啄木像は、多くの観光客が訪... >>

開花の知らせが早かった割には、桜の花は今が見頃である

b0103470_17462728.jpg

水の流れのような、薄いショールを、街を歩く娘さん達がしている。
一つあんなのを欲しいものだ。
洋品店の四月の窓飾りは、金と銀と桜の花で目がくらむなり。

食えなくてボードビルへ飛び込んで、裸で踊った踊り子があったとしても、それは桜の罪ではない。

「放浪記」林芙美子(1928年)

桜が咲いて以降、どういうわけか寒い日が続いていた。
市内のあちこちで桜は咲いていたけれど、寒すぎて、とてもお花見どころではない。
気温が上がらないうちは、テンションも上らないというものだ。

昨日くらいから、ようやく気温が上がり始めて、祝日の今日は夏日の予想。
ちょっと極端な気もするが、絶好の花見日和には違いない。
今年初めて円山公園の桜を観に出かけた。

昼過ぎに到着すると、さすがに円山公園はものすごい人出である。
きっと、みんな同じような気持ちで、暖かい日が来るのを待っていたのだろう。
公園内の至る所から、焼き肉の煙が立ち上っている。

開花の知らせが早かった割には、桜の花は今が見頃である。
個人的には、桜は散り際が一番美しいと思っている。
そういう意味では、連休中は円山公園の桜を楽しむことができそうだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-03 18:06 | 春のこと | Comments(0)
<< 札幌の花見は焼き肉の花見だから... 石川啄木像は、多くの観光客が訪... >>