<< 「北菓楼札幌本館」のカフェは、... 札幌でも、もう少し気軽に「YA... >>

春のコートを着ていても寒いと思わせる、そんな風の一日だった

b0103470_5172294.jpg

三時十分になった時である。
中村は春のオヴァ・コオトの下にしみじみと寒さを感じながら、人気のない爬虫類の標本室を後ろに石の階段を下りて行った。
いつもちょうど日の暮のように仄暗い石の階段を。

「早春」芥川竜之介(1925年)
 
札幌、昨日の最高気温は6.7℃である。
おまけに、風速は10メートルを超えた。
4月とは言え、寒いはずである。

ちなみに、風速10メートルとは、傘が差せない程度のやや強い程度の風のことを言うらしい。
うっかり気を抜くと、風に流されてしまいそうになる。
春のコートを着ていても寒いと思わせる、そんな風の一日だった。

この季節、街の人々の服装は、実に様々である。

若い男の子などは、軽いパーカー一枚だけで平気な顔をしている人も少なくない。
女性は、ほとんどがトレンチコートを着ている。
最も重装備なのは外国からの旅行者で、彼らの中には、まだ真冬そのものといった服装の人もいた。

午後、僕は「ブラウンブックスカフェ」でコーヒーを飲んでいた。
珍しく誰もいない、静かな土曜日だった。
古いビルの古いガラス窓が、風に吹かれるたびに何度も揺れた。

ふと、外国の男の子が入って来た。
真冬のダウンコートを着ている。
彼は英語で「アイリッシュコーヒー」を注文した。

風に鳴る木枠のガラス窓を、物珍しそうに眺めている。
そして、ゆっくりとダウンコートを脱いだ。
驚いたことに、コートの中の彼は、半袖のTシャツ一枚だけだった。

真冬の寒さが厳しいニューヨークでは、建物の中の暖房がしっかりとしているらしい。
だから、室内では暑すぎないように軽装にしている人が多いと聞いたことがある。
だから、Tシャツの上にダウンコートを羽織るスタイルは合理的ということなのだろう。

さて、札幌、今日の予想最高気温は12℃である。
昨日よりは暖かくなるようだが、あいにくの雨模様である。
カメラを持った散策が楽しい季節待ち遠しい日々だ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-03 05:46 | 春のこと | Comments(4)
Commented by yorimoon at 2016-04-03 08:21 x
昨日は
張り切って薄手のトレンチコートを着用しましたが
あの風は寒すぎましたね…。
カメラを持って
ふらりと散歩したい時期はまだまだだな…と実感したり。
早く、春にならないかな~と思いつつ
今日も仕事です(笑)
私も、見習って、ちゃんとブログ更新しないと…と思ってしまいましたw
Commented by kels at 2016-04-03 19:45
yorimoonさん、こんにちは。
昨日は本当に寒かったですね~。
おかげで今日が暖かく感じました(笑)
僕のブログも、かろうじて更新している感じです。
早くスナップ写真を撮り歩きたいです!
Commented at 2016-04-03 20:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kels at 2016-04-09 07:27
鍵コメ様、こんにちは。
そう言えば、近所のアメリカのお兄さんは、真冬になるまでショートパンツを履いています(笑)
確かに、寒さに強いのかもしれません☆
<< 「北菓楼札幌本館」のカフェは、... 札幌でも、もう少し気軽に「YA... >>