<< 桜が咲くまでのあと1か月は、し... 「カフェクラブ ロスマリン」が... >>

テレビニュースを見ると、「カフェ・ランバン」の隣の建物が燃えていた

b0103470_2040413.jpg

23日午前11時35分ごろ、札幌市中央区南3西5、金物販売業「米山商店」から出火、木造一部鉄骨造り3階建て延べ約500平方メートルを全焼した。
男性社員(58)が煙を吸って病院に搬送されたが命に別条はない。
当時、隣接する雑居ビルでは解体工事が行われており、札幌中央署は、作業中に出た火花が同店の壁などに引火したとみて調べている。

札幌中央署によると、店内には搬送された男性のほかに従業員5人がいたが、避難して全員無事だった。
解体工事では、作業員がガスバーナーを使って鉄骨を切断しており、同署は解体業者から事情を聴いている。

現場は 札幌市営地下鉄 南北線すすきの駅から約300メートルの繁華街。
消防車両37台が出動し、8時間半後に鎮火した。
周辺に消火活動を見守る通行人ら数百人が集まって騒然となった。

北海道新聞2014年3月23日付け

会議中、窓の外がやけに騒がしかった。
何台もの消防車がサイレンを鳴らして通り過ぎて行く。
ついに札幌でもテロが発生したんじゃないかと思ったくらいだ。

実際は、中央区で発生した火災への対応だったらしい。
解体工事中のビルが燃えたらしいが、テレビニュースを見ると「カフェ・ランバン」の隣の建物が燃えていた。
「串かつ千里」や「ラーメン空」が入る古い建物が並んでいる一帯だ。

戦前の古い建物に、よく延焼しなかったものだと思う。
あまり知られていないかもしれないが、「カフェ・ランバン」の店舗は、1997年に札幌市都市景観賞も受賞している。
火災の恐ろしさを改めて思い知らされるニュースだと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-26 20:57 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 桜が咲くまでのあと1か月は、し... 「カフェクラブ ロスマリン」が... >>