<< 「カフェクラブ ロスマリン」が... ブラウンブックスカフェ4プラ店... >>

「ブラウンブックスカフェ」が10周年を迎えている

b0103470_5375136.jpg

2 お気に入りのカフェが十軒以上ある
6 今のカフェブームには乗れないが、悪くは思っていない
7 ある特定の店の常連にはならない
8 客として、自分からマスタアやマヌカンと親しくならない
9 珈琲一杯でシアワセな気持ちになれる

「喫茶人宣言50箇条(抜粋)」沼田元気(2001年)

「ブラウンブックスカフェ」が10周年を迎えている。
古いファンであれば、円山時代の思い出を持っている人もいるかもしれない。
「森彦本店」のすぐ近くに「ブラウンブックスカフェ」があった時代。

僕はそれほど古い客ではなかった。
初めてこの店を訪れたのは、多分、6年か7年くらい前のことだと思う。
当時、札幌のカフェ好きの間で、もうこの店は話題の店になっていた。

古いアパートの2階の部屋がカフェになっていた。
冬には寒すぎる店だったけれど、その割には寒い日を選んで喜んで出かけた。
コーヒーからモクモクと立ち昇る白い湯気を見ると、ブラウンブックスカフェに来たなあという気持ちになったものだ。

今、「ブラウンブックスカフェ」は、すっかりと都会のカフェになった。

10周年を記念して、各店舗では「10thアニバーサリーブレンド(150gパック)」を限定販売中。
また、1,000円以上の飲食・お買い物で、オリジナルステッカーをプレゼント。
ちなみに、両方ゲットしてきました(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-26 06:16 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by yorimoon at 2016-03-26 09:23 x
もう10周年になるんですね!!
円山時代のあの場所、大好きでした。
寒い日に行くと、
店内も寒いんだけど、あの空気感が大好きでした。
あの頃は、いろいろ楽しいことも多かったな~と
思い出すような空気感で…。
Commented by kels at 2016-03-26 21:00
yorimoonさん、こんにちは。
円山時代、本当に寒かったですよね。
でも、不思議といつでもお客さんが絶えなかったような印象があります。
もしかすると、隣で一緒にコーヒーを飲んでいたかもしれませんね~。
<< 「カフェクラブ ロスマリン」が... ブラウンブックスカフェ4プラ店... >>