<< 気が付けば、早くも2月である。... 判官島義勇が、初めて北海道を訪... >>

それでなくても、インフルエンザや高熱の人たちで、欠勤の多い1週間だった

b0103470_1856071.jpg

札幌の雪まつりの会場は、真駒内と大通り公園の2か所に分かれている。
敷地から言えば、真駒内の方が大きく、雪像も多いのだが、見物客はどうしても交通の便のいい大通り公園の方に集まる。
もっとも、見物客と言っても、大半は札幌以外か、道外からの人々で、札幌に住んでいる人は、あまり見物に出かけない。

「北都物語」渡辺淳一(1974年)

札幌の冬は、今週がピークだったらしい。
なぜなら、インフルエンザや風邪で体調を崩す人が多かったからだ。
北海道の人間も、寒さのピーク時には、さすがに体力が落ちているということなのだろう。

そういう自分も、今週はとうとう風邪をひいてしまった。
38℃以上の熱が出たけれど、仕事が忙しいから、体調が悪いなどと言っていられない。
それでなくても、インフルエンザや高熱の人たちで、欠勤の多い1週間だった。

僕の場合は、仕事に熱中している間は、体調の悪いことも忘れてしまう。
仕事を終えて、部屋に戻ると、突然に熱にやられて、グッタリしてしまうのだ。
その割に朝が来れば、比較的熱も落ち着いて、また一日頑張ることができる。

だから、体調が悪くて仕事を休むということが、なかなかできない。
損な体質のようだ(笑)

冗談はともかくとして、誰もが体調を崩しやすい季節である。
自己管理には、十分に注意しなければ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-02-05 19:13 | 随想 | Comments(0)
<< 気が付けば、早くも2月である。... 判官島義勇が、初めて北海道を訪... >>