<< 「カインの末裔」には、北海道の... 冬の北海道を描いた作品として、... >>

札幌では、気温がマイナス10℃を下回ると、ひとつの節目のような気がする

b0103470_6552877.jpg

大陸からの強い寒気が下がって 今夜半 冷え込みます
夕方遅く降りだした雪は 明日もかなり強く降るでしょう
昨日ついた足跡も みんなみんな包んで

サッポロSNOWY まだSNOWY
あの人がまだ好きになってくれないから
サッポロSNOWY まだSNOWY 帰れない
今日も天気予報 長距離で聴く

「サッポロSNOWY」中島みゆき(1991年)

昨日も札幌の最高気温は氷点下だった。
1月4日以降、13日連続で真冬日が続いている。
札幌の街は、すっかりと冷蔵庫の中に包まれてしまったかのようだ。

最低気温も、日ごとに低くなっている。
1月5日にはマイナス5℃だったものが、昨日はマイナス9℃を下回った。
この分では、マイナス10℃を下回るかもしれない。

札幌では、気温がマイナス10℃を下回ると、ひとつの節目のような気がする。
ちなみに、過去札幌では、年間最低気温がマイナス10℃に達しなかった年が2回ある。
2009年と2007年だが、いかにも暖冬ということだったのだろう。

逆に、年間最低気温がマイナス20℃を超えたのは、1954年が最後である。
昭和20年代までは、札幌でもマイナス20℃になることが当たり前だったのだ。
札幌の街が、いかに暖かくなっているかが分かる。

近年は、マイナス15℃になることも珍しくなった。
最後にマイナス15℃を記録したのは、2001年のことである。
実に15年間も、札幌はマイナス15℃を記録していないのだ。

もっとも、暖かくなったと言っても、それは昔と比べての話である。
気温が氷点下になれば、やっぱり寒いものは寒い(笑)
春が待ち遠しい季節だね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-17 07:19 | 冬のこと | Comments(0)
<< 「カインの末裔」には、北海道の... 冬の北海道を描いた作品として、... >>