<< 橘外男は大正時代から昭和初期に... 時々、案内表示に目を向けている... >>

混雑しているスタバで発生している醜い空席争いについて

b0103470_17445415.jpg

「スターバックコーヒー」新宿サザンテラス店を訪問したときのことを書きます。
と言っても、別に新宿サザンテラス店のことではありません。
スタバのことで、ずっと気になっていることを、たまたま思い出しただけのことです。

今回の帰省では自由時間がほとんどありませんでした。
それでも、この機会に行っておきたいカフェが一軒ありました。
新宿サザンテラスの期間限定企画店舗、通称「白いスタバ」です。

大人気のお店らしいので混雑は覚悟していましたが、大晦日だったためか、思ったほどの混雑ではありませんでした。
それでも、もちろんテーブルは満席で、レジにも数人並んでいます。
まあ、せっかくだから、少しくらい待ってもいいやと思いました。

ところで、「スターバックスコーヒー」には順番待ちというのは基本的にありません。
レジはもちろん順番待ちなんですが、席を確保するのは原則「早いもの勝ち」です。
店内をじっと見張っていて、空席ができたら、速攻で確保しなければなりません。

間違って先に注文を済ませて商品を受け取ってしまったら、コーヒーを持ったまま店内を難民状態でウロウロしなければなりません。
マグカップでホットを淹れてもらっていたりしたら、絶対に冷めます(笑)
僕は、ホットをマグに淹れてもらうのが好きなので、席が空いてなかったら注文できないのです。

もっとも、スタバはテイクアウトが基本なので、席が空いていなくても商品を売ります。
「店内でお召し上がりですか?」と訊いてくれても、席のあるなしは関係ありません。
だから、混雑時の座席確保は、スタバでは最も重要なミッションになるのです。

僕は、この席の奪い合いみたいのが嫌いなので、混雑時のスタバは利用しません。
ただ、このときは数少ない機会だったので、参加しました、空席争いに(笑)
すっごく醜い争いに参加しているみたいで、正直、自分が情けなかったです。

どうにか座席を確保してから、今度はレジの順番待ちに並びます。
スタバは商品を受け取るまでに、意外と時間がかかるので、その間、キープしたテーブル席は空っぽのままです。
商品を抱えて空席を探しているお客さんがいる中で、我ながら嫌な気持ちになりました。

商品を持って席についてコーヒーを飲む頃には、気持ちがすっかりと荒んでいます。
全然ほっこりしていない(笑)

コーヒーを飲みながら店内を見ていると、相変わらず空席を探している人たちがウロウロしています。
運の良い人や要領の良い人は、さっと席をキープしていますが、そうではない人たちは、いつまでも店内をさまよい歩いています。
何だか洗練されていない光景だなあと、僕は思いました。

せめて、空席待ちの順番待ちでもあれば、もう少し雰囲気も落ち着くのではと思います。
ファミレスみたいでほっこりしていないけれど、空席争いの戦いは殺伐とした空気感を生みます。
普段はテイクアウト中心で、空席争いでトラブルなんか発生しないのかもしれませんが。

札幌市内でも、人気店では空席待ちシステムを採り入れている店舗もあるみたいです。
「座席確保は自己責任で」がアメリカ的なのかもしれませんが、譲り合いの文化がある日本にはなじみにくいような気がします。
譲り合っていたら、いつまで逢っても座れませんからね(笑)

ところで、「白いスタバ」って、やっぱりいいですね~。
こういう企画店舗が、札幌にもあったらいいなと思いました。
そのときには、ぜひ、醜い空席争いの起きないようなシステムを導入してほしいものです☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-03 18:19 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by フグ at 2016-01-04 09:20 x
初めまして。日々素敵な写真とエッセイを拝見しています。

今回書かれているカフェの席取りは、私も苦手でkelsさんと似た事を思っています。ですので、同じく、空いている時しか店内で飲まないようにしています。
確か、カフェドクリエでは、店内でオーダー時に飲食するというと、席を確認してくれたように記憶しています。ストレスがなくて助かります(カフェドクリエは喫煙が可能で、完全に分かれていない店舗もあるので、余り使用できないのですが)。
以前、ファストフード店で、私が友人分の席を確保して、友人がオーダーしに行っていた事がありますが、オーダーして席を確保していなかった男性に席を譲れと迫られて、大変困った事があります。なかなかこの手の話はスッキリいかないなあと思いながら、kelsさんの今回のエッセイを拝見しました。
Commented by kels at 2016-01-09 07:21
フグさん、こんにちは。
席取りって、しても、されても、愉快ではないなあと感じます。
オシャレなカフェだからこそ、もっと洗練されたシステムがあってもいいのになあと思いました☆

<< 橘外男は大正時代から昭和初期に... 時々、案内表示に目を向けている... >>