<< 時々、案内表示に目を向けている... 札幌の冬の話題と言えば、相変わ... >>

真冬の山麓通りで自動車が次々とスリップして動けなくなった

b0103470_525150.jpg

「危ない!」
ふいに町角を曲がって来た橇が、弾みを喰って深い雪の中へうずくまったと見る間に、瑞子の足許を掠めて危うく滑り抜けた。
りんりん、りんりん、乾いた蹄の音とともに鈴の音が遠ざかった。

「雪」宇野千代(1929年)

日曜日のことになるが、藻岩山の山麓通りを伏見から円山西町に向って走っていた。
積雪はそれほどでもなかったが、路面は輝くくらいのアイスバーンだった。
急ブレーキをかけても急停車できないだろう。

山麓通りは、札幌旭丘高校を過ぎると下り坂になり、界川から再び急な登り坂となる。
一台のタクシーが斜めになって停車している。
事故というよりは、アイスバーンの坂を上れなくなってしまったのだろう。

ゆっくりとタクシーを追い越すと、コカコーラのトラックが道の真ん中で止まっている。
どうやら、タクシーと同じように動けなくなってしまったらしい。
確かに四輪駆動でなければ、厳しい条件だろうと思った。

さらに、目の前を走っていたイギリスのミニが、ゆっくりと停まった。
滑りながら走っていたのが、とうとうギブアップしたのだ。
何ということはない坂道で、自動車が次々とスリップをして動けなくなっていた。

真冬の山麓通りは、これまでにもよく利用しているけれど、こんな光景は初めてだ。
そもそも、山麓通りを峠道だなんて考えたこともなかった。
その道が紛れもない峠道だということは、目の前の光景がはっきりと示していたわけだが。

危険を察知した車が、次々と引き返していくのを見て、僕は真冬の北海道を感じていた。
まるで札幌市内じゃないみたいだ、と思いながら。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-12-30 05:49 | 冬のこと | Comments(0)
<< 時々、案内表示に目を向けている... 札幌の冬の話題と言えば、相変わ... >>