<< たっぷりの湯の中に顔の一部まで... イベントも終わって、静かな札幌... >>

早起きをした。夜明けの街を見るために。

b0103470_652493.jpg

早起きをした。
夜明けの街を見るために。
厚着をして家を出た。

5時過ぎに旭山記念公園に着いた。
時間が早いので、駐車場の中に入ることはできない。
バスのロータリーには、既に2台の自動車が停まっていた。

夜明け前の坂を歩いて登った。
公園は秋の匂いで満ちていた。
熊が出てくるのではないかと、本気で不安になった。

駐車場には自動車はなかった。
老夫婦が展望台から戻って来た。
落ち葉を踏みながら展望台まで登った。

街はまだ夜が明けていなかった。
展望台には誰もいなかった。
西の空の端が、ようやく色づき始めていた。

刻一刻と街は明けつつあった。
そして、ある一瞬を境に、空は突然明るくなった。
日の出まで、まだ20分もあるのに、と僕は思った。

夜は明けたのだ。

日の出を待たずに、僕は公園を後にした。
若いカップルとすれ違った。
彼らは二人きりの展望台で、明るい太陽を見ることができるだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-10-10 06:45 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< たっぷりの湯の中に顔の一部まで... イベントも終わって、静かな札幌... >>