<< サッポロファクトリーの札幌開拓... 札幌の山鼻公園に童謡「赤い靴」... >>

病気というのは、不思議なことに休日にやってくることが多いような気がする

b0103470_1944874.jpg

土曜日の夜、と言うよりも、正確には日曜日の午前2時過ぎだった。
胸のあたりの気分が、何となく気持ち悪いような気がして目を覚ました。
気のせいかと思ったけれど、錯覚ではなかった。

猛烈な吐き気がこみ上げてきて、僕は激しく嘔吐した。
昨夜に食べたものを、すべて吐き出してしまったように思える。
ベッドの上で、僕は激しく深呼吸をして、どうにか気持ちを落ち着かせようとした。

しかし、それは終わりではなく、すべての始まりだった。
それから夜が明けるまでの間に、僕は合計7回の嘔吐を繰り返した。
嘔吐は潮の満ち引きみたいに、ゆっくりと行ったり来たりした。

吐くものが何もなくても嘔吐はやってきた。
嘔吐の後には、激しく胃が痙攣し、僕は廊下の冷たいフローリングの上で丸くなった。
体温は38℃を超えていた。

朝一番で病院に行って診断を受けると、「ウイルス性の胃炎」と診断された。
それ以外に診断のしようがないのです、と医者は言った。
とりあえず脱水症状に気を付けることが一番重要らしい。

僕は、とにかく翌日の月曜日には仕事があるから、少しでも症状を軽減してほしいと言った。
医者は、解熱剤と吐き気止めを出してくれた。
明日までに体調が元に戻るかどうかは、運次第ということだったらしい。

日曜日を僕は、とにかくベッドの中で眠って過ごした。
何も食べられなかったけれど、ポカリスエットで水分補給にだけは気を付けた。
体温が39℃を超えたときに、解熱剤を飲んだ。

眠ったり目を覚ましたりを繰り返しているうちに、月曜日の朝はやって来た。
体温は37℃になっていた。
とにかく、これで仕事に行けると思った。

月曜日は、朝から走り回るくらいに忙しい一日だった。
相変わらず何も食べることができず、水分補給だけで夜まで過ごした。
不思議なことに、夜になる頃には、熱はすっかりと平常に戻っていた。

夜遅くになってから、僕は久し振りに蕎麦だけの軽い食事をした。
声が出ない以外は、いつもあまり変わらないような気がした。
少なくとも、朝よりも体調は復活していることは確かだった。

病気というのは、不思議なことに休日にやってくることが多いような気がする。
疲れた体と疲れた心の隙間みたいなものを、病気に狙われるのかもしれない。
強制的に休養を取ることになった、そんな日曜日だった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-06-27 20:13 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by 無名子 at 2015-06-29 09:40 x
大変でしたね。
このところ書き込み頻度が減っていたのはそういうことでしたか。
御身大切に。

さて休日罹患多発説に関連して私も一説。
OA機器の不具合はなぜか金曜の午後に起こりがちです。
Commented by kels at 2015-07-04 06:55
無名子さん、こんにちは。
最近はすっかりと週末更新のみになってしましました。
なにしろ、平日は部屋にいる時間が、ほとんどないのです☆
<< サッポロファクトリーの札幌開拓... 札幌の山鼻公園に童謡「赤い靴」... >>