<< 土曜の夜のススキノの街には、人... 村上春樹の作品の中で、もっとも... >>

札幌らしい花は何かと訊かれたら、僕はやっぱり「アカシア」と答えたい

b0103470_6271623.jpg

札幌らしい花は何かと訊かれたら、僕はやっぱり「アカシア」と答えたい。
札幌がもっとも美しい季節に、白くて美しい花が咲き誇る。
というよりも、アカシアの花があるから、札幌の初夏は美しいのだ。

ライラックばかりでなく、アカシアをもっと札幌の売り物にしてもいいと、僕は思う。
知名度の割に、見落とされがちなのが、このアカシアというやつらしい。
ライラックまつりというのはあっても、今のところ、アカシアまつりというのはない。

昭和歌謡の時代、札幌と言えばアカシアだった。
「アカシアも散った、恋の街さっぽろ」と、石原裕次郎も歌った。
どうして、アカシアは、こんなにも目立たない存在になってしまったのだろう。

春の桜と同じで、初夏のアカシアの見頃も一瞬だ。
そして、桜と違ってアカシアは、まさに咲き匂う花だ。
満開の季節には、街中にアカシアの花の甘い匂いが漂い流れる。

春の早かった今年は、アカシアの花の咲くのも早かった。
札幌まつりの前に満開になり、札幌まつりの中で散ってゆくだろう。
まさに、初夏札幌の情緒たっぷりである。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-06-13 06:57 | 夏のこと | Comments(0)
<< 土曜の夜のススキノの街には、人... 村上春樹の作品の中で、もっとも... >>