<< これからの数週間で、札幌の春は... デパートの中で一番よく利用する... >>

閉店間際の「ろいず小熊邸」に、客はいなかった

b0103470_19191357.jpg

閉店間際の「ろいず小熊邸」に、客はいなかった。
入り口の女の子に「まだ、いいですか」と、わざわざ確認したくらいだ。
もちろん、ラストオーダーには、まだ少し余裕があった。

「だって、土曜日の夜だぜ」と、僕は言った。
彼女は知らない顔をして、ファッション雑誌の最新号を睨み付けている。
とにかく広い店内で、その夜の客は、僕と彼女の二人だけだったのだ。

コーヒーとケーキを注文すると、他にすることは何もなかった。
ただ店内を、古い住宅を移築したというモダンな店内を、ゆっくりと眺めるだけだ。
考えてみると、こんなふうに、小熊邸の店内をジロジロと観るなんて、初めてのことかもしれない。

「知ってるわよ」と、彼女は言った。
「あなたの好きな喫茶店」
「空いている喫茶店だよ」と、僕は言った。

やがて、コーヒーとケーキが運ばれてきて、僕らはケーキを食べながらコーヒーを飲んだ。
ケーキは一つを二人で分ける。
彼女のケーキの、ほんの欠片があれば、僕はそれで満足できたのだ。

コーヒーを飲みながら、二人とも一言も口を聞かなかった。
ただ雑誌をめくり、ケーキを食べて、コーヒーを飲んだ。
それだけで、土曜日の夜は、しっかりと時を刻み続けていく。

「そろそろ行こうか」と、僕は言った。
気が付くと、表の看板の灯は消えていて、店内には静寂だけが広がっている。
店の一日が、今、終わろうとしているのだ。

まるで世界中に二人だけしかいない土曜日みたいだと、僕は思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-13 19:22 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by 無名子 at 2015-04-13 20:49 x
このタッチの文章、結構好きですよ。
Commented by kels at 2015-04-13 20:59
無名子さん、こんにちは。
ありがとうございます!
<< これからの数週間で、札幌の春は... デパートの中で一番よく利用する... >>