<< 「ゆっくり走ろう北海道」のステ... 「すすきのラーメン館」が4月に... >>

【ラーメン共和国】札幌フードテーマパーク事情【ラーメン横丁】

b0103470_18571721.jpg

さっぽろ雪まつりが終わった途端に、札幌はとんでもない暴風雪に見舞われています。
まっすぐに歩けないくらいに強い風が吹いていて、まるで真冬の台風です。
いくら北海道とはいえ、本当に異常気象じゃないかと感じてしまいます。

さて、今回は、札幌のフードテーマパーク事情です。
「すすきのラーメン館」オープンの記事は昨日書いたところですが、札幌には既に類似の施設がいくつかあります。
ということで、札幌のラーメンテーマパークをおさらいしてみましょう。

◆元祖さっぽろラーメン横丁

さっぽろラーメンのテーマパークの元祖と言えば、もちろん「ラーメン横丁」です。
味噌ラーメン発祥の地として、全国に「札幌ラーメン」の不滅の伝説を作り上げた名横丁で、その歴史は、昭和26年、札幌市中央区南5条西3丁目の東宝公楽横に8軒の店が並んで「公楽ラーメン名店街」と親しまれたことから始まったそうです。
街並みが大きく変化した札幌オリンピックの時代、1971年に現在の「ラーメン横丁」が誕生しました。

「味一番 おぢぢ(昭和43年)」「味の華龍(昭和40年)」「よし乃(昭和43年)」など老舗が並びます。
店舗数も17軒と札幌随一で、まさに札幌ラーメンの聖地です。
ただし、歴史があるだけに、昭和レトロな雰囲気が際立つのが特徴です。

◆新ラーメン横丁

1976年に誕生した新しいラーメン横丁。
新しいと言っても、十分に昭和レトロな雰囲気たっぷりですが(笑)
ビルの中にあるので、比較的落ち着いた感じでラーメンを食べることができます。

僕の場合、地下鉄駅に近いこともあって、すすきので飲んだ帰りには「新ラーメン横丁」に寄ることが多かったです。
正直、「元祖」よりも「新」の方に馴染みが深いというか。
そんな僕でも、最近はすすきののラーメン横丁も御無沙汰気味なのですが。

◆札幌ら~めん共和国

現在、もっとも有名な札幌のフードテーマパークと言えば「札幌ら~めん共和国」でしょう。
「札幌ら~めん共和国」はJR北海道グループの札幌駅総合開発(株)が運営する商業施設「エスタ」レストラン街にオープンした、北海道ラーメンのフードテーマパークです。
2004年開業で、今年で10周年を迎えます。

フロアには昭和30年代の街並みが再現されていて、まさしくテーマパークといった趣き。
席数も多いので、大勢の観光客にも対応しています。
「札幌ラーメン」だけではなく、「旭川ラーメン」や「函館ラーメン」など、北海道各地のラーメンを発信しているのが特徴です。


以上、札幌には既に3つの大きなラーメンテーマパークがあります。
ここに「すすきのラーメン館」が加わるわけですから、札幌とラーメンとの関係は、いよいよ強いものになりそうですね。
日本中のラーメン好きの聖地になりそうな予感(笑)

ラーメン屋巡りするだけで、札幌旅行が楽しめそうです☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-02-15 19:46 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 「ゆっくり走ろう北海道」のステ... 「すすきのラーメン館」が4月に... >>