<< 「札幌桑園停車場緑道線」の「紅... 海のない札幌に残る「軍艦岬」と... >>

景気の良かった昭和初期には、札幌市内にもたくさんの喫茶店が営業していたという

b0103470_19315072.jpg

この間斉藤春雄さんから電話を頂いて話をしているうちに、斉藤さんに連れられて、南二条の五丁目かにあった「キューピー」という喫茶店で、最後のコーヒーを飲まして頂いたことを思い出した。
ブラジルのサントスであった。
もうコーヒーなんてものの香りは、とっくに街から姿を消してしまって、僅かに残っている喫茶店では野菜スープという、玉葱のかけらが浮かんでいるスープにタンポポの根だのコショウで味つけたの、それに昆布茶が唯一の飲み物であった。

「札幌放浪記」更科源蔵(1973年)

景気の良かった昭和初期には、札幌市内にもたくさんの喫茶店が営業していたという。
女給を置いた、いわゆる「カフェー」もあれば、純粋にコーヒーの味を楽しませる純喫茶もあった。
西洋のモダンな飲み物は、札幌市民の間にも、すっかりと定着していたらしい。

戦争の時代になって、喫茶店からコーヒーが消えた。
コーヒーに限らず、様々な食料品が街から姿を消していく、そんな時代だったのだ。
コーヒーも手に入らない時代の喫茶店のマスターは、どのような気持ちで店の灯を灯し続けていたことだろう。

更科源蔵の上記の文章は、そんな暗黒時代の喫茶店風景を苦い記憶として振り返ったものだ。

それまでにまず無糖コーヒーなるものにはじまり、昔ながらの大豆をこがしたのから、台湾から入れたパンシューズという豆が、コーヒー豆の代用品。
それから配給の規格コーヒーというのが、サツマ芋の皮やドングリ、それに葡萄の種を乾かしてひがし、ひき割ったものだから、民間の発明も遅れじと栃の実だの蜜柑の皮などで、特製のコーヒーをつくったり、外国のものの本に昔白樺の真皮を砕いて、コーヒーのように飲んだというので、そんなこころみも創意と工夫という言葉どおりにやってみたのだから、当時のコーヒー党は木喰虫とちがわない状態であった。

「札幌放浪記」更科源蔵(1973年)

戦後、高度経済成長の時代を迎えて、喫茶店文化は急速に発展していく。
歌声喫茶、ジャズ喫茶、純喫茶など、喫茶店は多様な形で裾野を広げて、庶民の間へ急速に定着していった。
平和の時代が喫茶店の成長を支えてきたのだと言えるかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-10-26 20:04 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 「札幌桑園停車場緑道線」の「紅... 海のない札幌に残る「軍艦岬」と... >>