<< 歌は終わっても、あのソングライ... どこよりも早い秋の訪れを、北の... >>

ジンギスカンを北海道遺産と言うならば、これを守るための取組も必要だろう

b0103470_19143956.jpg

消費増税や電気料値上げなど生活負担が増している中、北海道を代表する庶民の味、ジンギスカンにも値上げの波が押し寄せている。
中国での羊肉の需要増などを受け、輸入価格が高騰したためだ。
石狩管内でも生鮮食品店が羊肉を小分けして販売したり、羊肉の食べ放題が売りのビール園が豚肉などの食べ飲放題コースを新設するなど対策に乗り出している。

北海道新聞2014年9月9日(火)朝刊(札幌圏)

考えてみると、自宅でジンギスカンを食べる機会が減ったような気がする。
割と毎週末のようにジンギスカンが続くこともあったのが、最近は月に1、2回程度。
やはり、店頭価格の高騰が影響しているのかもしれない。

外へ出かけても、ジンギスカン専門店ではない焼肉屋へ行くことが多い。
もっとも、これは別に値段の影響ということではないだろう。
真夏には炭火で焼いて食べる焼き肉が恋しくなるのだ。

8月にジンギスカン専門店で食事をしたのは、何回あっただろうか。
おそらくは、滝川の松尾ジンギスカン本店で食べた1回きりだ。
値上がりしていたかどうかの記憶は、残念ながらほとんどない。

無類のジンギスカン好きなので、ジンギスカンが市場から姿を消すと困る。
既に一生分の羊肉を食べたような気もするが、僕はまだまだジンギスカンを食べたい。
北海道の人間に、今さら「ジンギスカンを食べるな」なんて無茶な話だ。

大昔には、北海道でも養羊の盛んな時期があって、自給自足を目指していたという。
当時は羊毛が主だったが、輸入製品に押されて、羊毛の国内生産は衰退していった。
残った羊は食肉として出荷されて、北海道の羊はあっという間に姿を消してしまったらしい。

ジンギスカンを北海道遺産と言うならば、これを守るための取組も必要なんじゃないかと思う。
輸入肉に依存するだけじゃなくて、道内産羊肉の普及なんかあったりしたら素晴らしいのに。
ジンギスカンを食べるためだったら、北海道の人はきっと何でも協力するよ(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-09-09 19:37 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by 桜子 at 2014-09-12 17:00 x
焼肉もいいけれど、ジンギスカンも必要!わかります!
私は“豊平峡温泉”で食べるジンギスカンが好きだなぁ。温泉でスッキリしたあとの、ジンギスカン。箸が進みますよー(*^^*)

でもカレーのほうが有名?みたいですね。本場の方が焼いてくれるナンも捨て難い。あぁ、食欲の秋☆
Commented by kels at 2014-09-13 06:19
桜子さん、こんにちは。
豊平峡温泉のジンギスカン、昔食べたことがあるような気がします。
なんだか、とても懐かしい感じ(笑)
今年の秋は、紅葉を見ながらジンギスカンなんていいかもしれませんね~☆
<< 歌は終わっても、あのソングライ... どこよりも早い秋の訪れを、北の... >>