<< 以前、仲間に誘われて、豊平川近... 村上春樹の「風の歌を聴け」を読... >>

そしてある年の夏(いつだったろう?)、夢は二度と戻っては来なかった。

b0103470_22514589.jpg

僕は5分ばかりそれを眺めてから車に戻り、シートを倒して目を閉じ、しばらく波の音に混じったそのボールを打ち合う音をぼんやりと聞き続けた。
微かな南風の運んでくる海の香りと焼けたアスファルトの匂いが、僕に昔の夏を思い出させた。
女の子の肌のぬくもり、古いロックンロール、洗濯したばかりのボタン・ダウン・シャツ、プールの更衣室で喫った煙草の匂い、微かな予感、みんないつ果てるともない甘い夏の夢だった。
そしてある年の夏(いつだったろう?)、夢は二度と戻っては来なかった。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-07-23 22:54 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 以前、仲間に誘われて、豊平川近... 村上春樹の「風の歌を聴け」を読... >>