<< さびしがり屋だからなのか、雑貨... ショートパンツを履いている男子... >>

スタバでコーヒーを飲むときは、マグカップの用意されている店舗で飲みたい

b0103470_2034184.jpg

スタバの店内でコーヒーを飲むとき、必ず僕はマグカップに淹れてもらう。
マグカップの利用については、いろいろな考え方があるのかもしれない。
好みの問題も価値観の問題も社会的な問題もある。

世の中には環境問題を考慮して、使い捨てのカップを使うべきではないと考えている人たちも多い。
もっとも、僕の場合はそんなすごいことを考えているわけではない。
ちゃんとした食器でないと、何だかコーヒーを飲んだ気がしないのだ。

だから、店内利用でコーヒーを飲むときには、オーダーの最後に「マグカップでお願いします」と付け加えることにしている。
昔はスタッフが「マグカップに淹れますか」みたいなことを訊ねてくれたような気もするのだけれど、最近はそういうこともなくなった。
こちらから指定しない限りは、必ず使い捨てカップに入って出てくる。

先日、いつも利用しているスタバで、いつものように「マグカップでお願いします」とオーダーした。
すると、初めて見るその店員は「すいません、マグカップを切らしています」と言った。
スターバックスコーヒーでマグカップを切らしているというのは、初めての体験だった。

朝の開店直後のことだったから、前日の洗い物が終わっていなかったのかもしれない。
開店直後に「マグカップが一つもない」というのは、受付のスタッフにとっても辛かったのではないかと思う。
僕と同じようなオーダーをする客も、幾分かはいるのではないかと思ったからだ。

結局、その朝のコーヒーは、何だか飲んだ気のしない味気ないものになった。
そして、同じようなことが再び起こりそうな気がして、その店舗には足が向かないようになってしまった。
どうせコーヒーを飲むのだったら、マグカップの用意されている店舗で飲みたい。

次の週末の朝早く、僕はいつもとは違うスターバックスコーヒーへ入った。
オーダーの最後に「マグカップで」と言おうと思ったら、スタッフの女の子が「マグカップでご用意しますか?」と言った。
こんな店がまだあるのだと、僕は思った。

「スタバにはマニュアルがない」と聞いたことがある。
あるいは、これはその女の子だけのオリジナルの対応なのかもしれない。
その一言があっただけで、僕は断然この店舗が好きになってしまった。

そして、その朝、僕は、とてもゆったりとした気持ちで、朝のコーヒーを飲んだ。
問題は「使い捨てカップなのか、マグカップなのか」ということではない。
自分なりのこだわりのレシピが揃っているかどうか、ということが大切なのだ。

どうせだったら、スタバのコーヒー一杯にもこだわりを持って接したい。
そして、その一杯のコーヒーを精いっぱい楽しみたい。
手を抜いていい場面なんて、人生のどこにもないのだから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-05-24 20:56 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by あられ at 2014-05-25 05:05 x
愉快に拝見しました。
おかしな丁寧語が多く聞かれるようになったのは、ファストフード店の接客マニュアルも理由に上げられていますね。接客は、言葉使いではなく気持ちのありようではないかと思います。ファストフード店の場合、アルバイトやパートの場合が大部分でしょうから心構えを教えるより、決まった対応を教えた方が手間がかからなかったのでしょうね。
多数決は接客の場合、誤答と言えそうですね。頑固な年代になって来た今、そうあって欲しいと願っています。

因みに、東京から友人が急に来ることになり、あまりに急なことでランチの予約が入らず、わらをつかむ思いでお邪魔しました。結果藻岩山の山頂レストランにお願いしたのですが、ぜひ、その類いの情報もひとまとめにしていただけるとありがたいです。ガイドブックのように使ってすみません。ですが、ぐるなびなどより、信頼しています。
Commented by kels at 2014-05-25 21:12
あられさん、こんにちは。
札幌のランチ情報、いずれまとめてみたいと思います。
こういう情報って、意外と自分自身が一番使っていたりするので(笑)
<< さびしがり屋だからなのか、雑貨... ショートパンツを履いている男子... >>