<< 僕が言いたいことは「だから、み... 琴似コンカリーニョの骨董市へ行... >>

北海道立近代美術館の「ミュシャ展」を観てきた

b0103470_2062914.jpg

北海道立近代美術館の「ミュシャ展」がオープンした。
正式名称は「ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り STV創立55周年記念」。
長いね(笑)

いつもどおり近美の公式サイトをチェックしてみる。

19世紀末を代表する画家であり、アール・ヌーヴォー様式の巨匠のひとりとして日本でも幅広い人気を誇るアルフォンス・ミュシャ(1860~1939)。

本展は、ミュシャ財団の全面協力のもと、ミュシャの芸術家としての功績を通じて、作品のみならず、その芸術理念、さらには思想を考察するものです。
フランス時代にポスターのデザインで名をはせたミュシャは、1910年に祖国チェコに戻り、祖国のために自らの芸術と人生を捧げることを決意します。
スラヴ民族の歴史を描くことを通じて、すべての民族の平和と幸福への祈りを表現したのです。

本展では、初期の代表的なポスターをはじめ、ミュシャのデザインによる商品パッケージや宝飾品、スラヴ叙事詩の構想画など、ミュシャ財団が秘蔵するファミリー・コレクションより、珠玉の作品およそ240点を展示します。
さらに、写真や作家自身がコレクションしていた民族衣装など、ミュシャに直接関わりのあるプライベートな品々もたっぷりとご紹介します。
札幌では25年ぶりの開催となるミュシャ展。今まで知らなかったミュシャの一面を発見できるこの機会を、どうぞお見逃しなく。

北海道立近代美術館公式サイトより

開館直後の館内は、とにかくたくさんの人でいっぱい。
なにしろ25年ぶりのミュシャ展だけに、楽しみにしていたファンも多いはず。
期間中は相当の混雑が予想されるかもね。

展示内容は、とにかく充実度がすごい。
いかにもなポスター画だけではなく、ミュシャのコレクションしたチェコスロバキアの民族衣装や、ミュシャデザインによるフリーメイソンのゴブレットなど、かなり多岐にわたる。
写真もあって「ミュシャのアトリエでハーモニウムを弾くゴーギャン」など、興味深いものも。

ミュシャのファンだけではなく、アールヌーヴォー・デザインの好きな人や、19世紀末の雰囲気を感じたい人には、是非お勧めしたい。
会期は長いので、僕ももう何回かは行きたいと思っている。
1日ですべてをじっくりと見るのは大変かもしれない(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-04-05 20:25 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by peanut-street at 2014-04-05 20:52
シャガール展に行こうと思いつつ行けなかったので、今度こそ…多分…
Commented by kels at 2014-04-05 22:08
peanut-streetさん、こんにちは。
もしかして、シャガール展よりも期待できるかも、です。
ぜひ !
<< 僕が言いたいことは「だから、み... 琴似コンカリーニョの骨董市へ行... >>