<< 横浜のシュウマイ屋の醤油挿しも... 食生活における忘れ去られた昭和... >>

どうやら、珍しく冬らしい年の暮れになりそうな札幌である

b0103470_209598.jpg

昨夜から降り続いた雪は、今日も一日降りやむことがなかった。
どうやら、珍しく冬らしい年の暮れになりそうな札幌である。
正月なんだから、雪くらい積もっていた方が気分も盛り上がるのかもしれない。

いつものように街に出て、フラフラと歩き回る。
普段の週末と違って、街には人が少ない。
駐車場はどこも「空車あり」で、札幌から人がいなくなっているのが分かる。

もっとも、初売りともなれば、たくさんの人が集まるから、その静けさも一瞬のものだろう。
ひどい雪降りの一日だということも、外出を躊躇させる要因かもしれない。
こんな年の暮れの一日は、部屋の中で温かい紅茶でも飲んでのんびりしていた方がいい。

デパートに入ると、どこのフロアも閑散としている。
数日で初売り・クライアンスセールが始まるのだから、今日買い物をする人もいないのだろう。
冬靴を買おうかと思ったけれど、すぐにセール対象になりそうな気がして、やっぱりやめた。

デパートでも地下の食品売り場は大変な混雑具合である。
年越しの食材や手土産品などを買う人たちで賑わっているらしい。
年の瀬の慌ただしさを感じさせる空間だ。

元旦の年始用に「とらや」でお菓子を買った。
ついでに、自宅用に「きのとや」で「いちごプリンロールケーキ」を購入。
こういうとき、やっぱりデパートは便利だね。

さて、明日は大晦日。
年越しの準備をする人たちで、デパートの食品売り場は大変な賑わいぶりとなるだろう。
穏やかな年越しになるといいな。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-12-30 20:12 | 日記 | Comments(0)
<< 横浜のシュウマイ屋の醤油挿しも... 食生活における忘れ去られた昭和... >>