<< クリスマスセールが始まったと思... のんびりとテノールを聴いている... >>

ラムしゃぶのレシピ~スライスした羊肉と締めのラーメン

b0103470_17444933.jpg

羊肉の料理というと、まずは「ジンギスカン鍋」を思い浮かべるけれど、北海道ではラム肉をシャブシャブにして食べる「ラムしゃぶ」も定番メニューである。
ということで、今週末はジンギスカンをお休みにして、「ラムしゃぶ」のレシピを紹介してみよう。
まあ、紹介というほど大げさなものではないのだけれど。

まず、用意する食材はしゃぶしゃぶ用に薄くスライスしたラム肉。
これは、どこのスーパーマーケットでも安く売っているので、それを買ってくる。
薄い肉だから、意外とたくさん食べることができる。

野菜はお好みで入れるが、我が家の場合は、白菜、エノキ茸、もやし、マイタケ、長ネギなどである。
豆腐は必ず木綿豆腐を入れる。

シャブシャブ鍋に昆布を入れたお湯を沸かして、グツグツ言い始めたら最初に野菜を投入。
次に豆腐を入れてから、肉を入れる。
肉は薄いから一瞬で煮えるので、色が変わった瞬間に食べることが大切である。

付けダレはいろいろあるが、我が家では定番のポン酢を使うことが多い。
好みで紅葉おろしなどを入れると風味が増す。
ゴマダレが好きな人も多いので、市販のタレを自由に選ぼう。

さて、ラムしゃぶでもっとも重要なのは、最後のシメに食べるラーメンである。
その昔、僕はこの食べ方を、円山にある「かねひろ亭」で教えてもらった。
当時は毎週のように通うほど常連だったけれど、既に閉店してしまった。

ラーメンは残りの具をさらった後で投入する。
若干固いかなと思うくらいのところで引き上げて、ポン酢に付けて食べる。
札幌で食べるラーメンの中でも、これは極上のラーメンではないかと思う。

しゃぶしゃぶ料理といえば、内地では「牛肉」が当たり前だけれど、北海道では、「羊肉」「豚肉」「牛肉」の順序である(少なくとも我が家では)。
そもそもは、流通事情で牛肉が手に入りにくいという事情もあったのかもしれない。
だが、廉価な輸入牛肉が入手できる現代にあっても、ラム肉のしゃぶしゃぶは定番メニューのままだ。

実は、ジンギスカンほどには外食メニューとして定着していないので、どちらかというと家庭で味わう北海道料理なのではないだろうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-12-08 18:04 | 食べ物 | Comments(0)
<< クリスマスセールが始まったと思... のんびりとテノールを聴いている... >>