<< クリスマスセールか、冬のクリア... 僕たちはそんな歴史を少しずつ刻... >>

懐かしい音楽は決して僕を裏切ったりしない

b0103470_21481676.jpg

もう随分昔のことだけれど、疲れた夜には「ダニーボーイ」ばかりを聴きながら過ごした夜があった。
僕はまだ若くて、人付き合いも今より苦手で、酒の接待をして帰った夜には、必ずといっていいくらい暗がりの中で「ダニーボーイ」を聴いた。
きっと、僕はあの曲で自分を慰めていたのだと思う。

僕が「ダニーボーイ」で自分を慰めるようになったのは、きっと、村上春樹の「世界と終りとハードボイルドワンダーランド」を読んでからのことだったように思う。
あの小説の中で、「ダニーボーイ」はとても瑞々しく、とても美しい音楽として描かれていた。
失われた人の心を取り戻すくらいに美しいメロディとして。

いい大人になって、くだらない社会的儀式にもどうにか慣れた。
「ダニーボーイ」を聴かずとも自分を慰める方法も見つけた。
何より些細なことでは傷ついたりしない大人の鈍感さも身に付けた。

だから、僕がこんな気持ちで「ダニーボーイ」を聴くのは、とても久しぶりのことのような気がする。

そして、今夜得た一つの教訓みたいなものがある。
懐かしい音楽は決して僕を裏切ったりしないと。
懐かしい友人や懐かしい思い出は、いつでも僕を裏切るけれど、懐かしい音楽はあの頃のままで、現在の僕を慰めてくれる。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-12-04 21:59 | 音楽 | Comments(2)
Commented by jh8fht at 2013-12-05 04:06
こんにちは!
僕も若いころに良く聴きました、確かアイルランドの民謡ですよね?
アンディよりクリフのほうが僕は好きです、あとは高橋真梨子が最高・・
このころはジャニィギターも良く聴きましたよ・・・なつかしいな~~
Commented by kels at 2013-12-05 22:12
jh8fhtさん、こんにちは。
僕は何故かハリー・ベラフォンテ盤なんです(笑)
たまたま最初に買ったのが、ベラフォンテだったんですね~。
でも、未だに好きです☆
<< クリスマスセールか、冬のクリア... 僕たちはそんな歴史を少しずつ刻... >>