<< 食品偽装に楽天偽装セール、歌を... 「北区歴史と文化の八十八選」と... >>

懐かしき昭和の時代の大衆食堂「ゆりや食堂」

b0103470_565475.jpg

札幌医科大学の向かい側、道路を挟んだ裏通りに「ゆりや食堂」という飯屋がある。
札幌では珍しくなってしまった昔ながらの大衆食堂といった感じの店だ。
昭和の飯屋の雰囲気が好きな人たちには、今も人気があるらしい。

僕は、時々この辺りを通りかかった時にだけ、この店で飯を食うことがある。
休日の午後であれば、さほど混雑しているわけでもなくて、落ち着いて食事をすることができる。
たまには昭和の食堂で飯を食うというのも楽しいものだ。

土曜日の午後、ふらりと店に入ると客は誰もいなかった。
カレーライスを注文して、ぼんやりと店の中を眺めてみる。
おかみさんが料理を作っている厨房の音が、テーブルまで聞こえてくる。

飛び込みの客がドアを開けて入ってきた。
中年男性の一人客で、店の壁に貼られているメニューを一通り確認してから、「また来るわ」と言って出て行った。
食べたいものはなかったらしい。

大衆食堂と言っても、この店には定食の類はない。
ラーメンや蕎麦などの麺類が中心で、それにカレーライスやかつ丼が並んでいる。
簡単な料理を、さっと食べたいという客向きの、日本的ファストフードの食堂だ。

ほとんど待ち時間なくカレーライスが出てくる。
値段が安いからボリュームもそれなりである。
ただし、味はやはり昭和の大衆食堂らしく、懐かしくて美味しい味がする。

昭和的なカレーライス。
だけど、昭和の時代のカレーライスが、本当にこんな味だったのかどうか、僕にはよく分からなかった。
それは、店の雰囲気がいくぶんスパイスとして加わった、昔ながらのカレーだったのかもしれない。

店には懐かしい黒電話が置かれている。
果たして、実用なのか飾りなのか。
電話が鳴らないかなと思ったけれど、とうとう店を出るまでに電話が鳴ることはなかった。

最後まで一人のままで、僕は金を払って店を出た。
懐かしき昭和の時代の大衆食堂。
気軽に飯を食うということは、こういうことだったような気がする。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-11-07 05:28 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by junji at 2013-11-08 23:48 x
カレー粉の赤缶がいい感じしてますね。
ここは大衆食堂だぞ、と主張している^^
ここで食事したことはないけど、近所にあるベーカリー銀座屋のサラダパンが大好物です。
Commented by kels at 2013-11-09 07:43
junjiさん、こんにちは。
ここのカレーは本当に懐かしくて美味しいですよ。
「銀座屋」のファンは、僕の周りにも多いです。
病院に通いながらパンを買い続けている人もいます(笑)
<< 食品偽装に楽天偽装セール、歌を... 「北区歴史と文化の八十八選」と... >>