<< 無駄を排した上質の生き方という... 新しい朝は、僕に新しい勇気を与... >>

例えば、先日のフリーマーケットで見つけてきたコーヒーカップ

b0103470_2103738.jpg

以前は、古くて珍しい食器がとても好きだった。
オールドノリタケとか東洋陶器とか名古屋製陶とか。
もちろん今だって大好きだし、自分のコレクョンにも愛着がある。

けれど、最近はもっと好きな食器ができた。
それは、1970年代に大量生産された普通のコーヒーカップ。
レアでもないし、それほど古いわけでもないし、ましてや高級品ではない。

例えば、先日のフリーマーケットで見つけてきたコーヒーカップ。
贈答用の箱に入ったままの状態で買ってきた。
ポッテリとした形が、いかにもな70年代を彷彿させる。

大量生産された大衆品だろうけれど、今の僕には、これが気分。
気取らず、飾らず、それでいて、気持ち良く、心地良く。
心が癒されるお茶の時間っていうやつを、このコーヒーカップは教えてくれる。

こういうレトロなコーヒーカップには、角砂糖とミルクが似合う。
人々がまだ、コーヒーには砂糖を入れて飲むものだと信じていた時代。
微笑ましい時代だけれど、今の僕には砂糖もミルクも必要はない。

少しだけ上質の珈琲豆を挽いて、少しだけ丁寧に入れたコーヒー。
それだけで、今の僕には十分だから。
そして、そういう上質のコーヒーが手に入るのだ、この札幌という街では。

そう言えば、スプーンをクルクルと回すとできたコーヒーの渦のこと。
今では、すっかりと忘れてしまっている。
こんなレトロなコーヒーカップには、コーヒーの渦がとてもよく似合うような気がするのだけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-05 21:15 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by tbs-hrk at 2013-10-06 22:41
初めまして!
たまたま瓶の記事からkelsさんのブログに辿り着きました。kelsさんの記事を読むと、日陰に日をあてるような、偏見のない、あるがままの物事に対する思いを感じます。
瓶拾いのブログをしていますので、宜しければお暇な時に遊びに来てください^^
Commented by kels at 2013-10-07 22:01
tbs-hrkさん、こんにちは&はじめまして。
瓶拾い、いいですね~、うらやましいです(笑)
是非、おうかがいさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆
<< 無駄を排した上質の生き方という... 新しい朝は、僕に新しい勇気を与... >>