<< どこかに別の自分がいて、別の生... 本を読むためだけに旅行に出かけ... >>

日本近代文学館の文学カフェ「BUNDAN」と『寺田寅彦の牛乳コーヒー』

b0103470_19585742.jpg

貴重な休日である週末の土曜日、駒場にある日本近代文学館を訪れた。
午前中に青山で一仕事を終えた後だったので、昼食がてら、文学館の中にあるカフェへ行こうと思ったのだ。
もちろん、展示の自筆原稿も楽しみだったことは言うまでもないけれど。

ちょうど昼時に当たってしまったので、カフェは混雑していた。
文学館の中にあるカフェの名前が「BUNDAN」というのもいい。
純文学だし、硬派だ。

ここの特徴は、何よりそのメニューにある。
つまり、『村上春樹の「ハードボイルド・ワンダーランド」の朝食セット』とか、『池波正太郎のパンケーキ』とか、『谷崎潤一郎のトーストサンドイッチ』とか、つまりは文学好きの人が見たら泣いて喜びそうな名前のメニューが並んでいるのだ。
様々な文学作品の中に登場する食べ物を、この店では再現しているわけで、文学マニアならずとも一度は食べてみたいものばかり。

ただし、小さなカフェだけに提供数も限定らしく、昼過ぎにはあっという間に品切れになってしまっているメニューも多い。
楽しみにしていた村上春樹の『ハードボイルト・ワンダーランド』の朝食セットも、既に終わってしまったという。
それでは『池波正太郎のパンケーキ』と思ったら、こちらもたった今終わったところだという。

結局、無難なところで、宇野千代の「そぼろカレー」をチョイス。
予想以上に本格的で美味しかったので驚いた(笑)
それなりの値段を取るだけのことはあると納得。

この店では、コーヒーにも文学者の名前が付いていて、「鴎外」とか「芥川」などという珈琲を楽しむことができる。
ということで、「寺田寅彦の牛乳コーヒー」をオーダー。
うーん、レトロだ(笑)

東京在住だったら、毎週通って全部のメニューを制覇したいと思わせられる文学カフェ。

ブックカフェをさらにマニアックな方向へと一歩進めたスタイルは、札幌にもぜひ一軒はほしいと思う。
『石川啄木の焼きとうきび』とか、『有島武雄も食べた札幌農学校のカレーライス』とか、村上春樹の「羊をめぐる冒険」に登場した『鮭とじゃがいもの料理とビールのセット』とか(笑)
誰か、サッポロ的な本格文学カフェ、開業してください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-07-31 20:31 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< どこかに別の自分がいて、別の生... 本を読むためだけに旅行に出かけ... >>