<< 朝、目覚めると、ブロードバンド... 薔薇の花びら噛むと恋がかなうっ... >>

上等のケーキを食べたい日もあれば、1袋100円のお菓子を食べたい日もある

b0103470_21275466.jpg

コーヒーを飲む時には、何か甘いものを一緒に食べたいと思う。
そんなに量はいらない。
コーヒーがなくなったら、甘いものだけを食べることはできないから、ほんの少しだけでいい。

その代わり、できれば上等のお菓子を食べたいと思う。
洋菓子でも和菓子でも、きちんとした仕事をしているお店のものを、少しずつ味わいながら食べる。
たくさん食べられない分、ほんの少しで満足感の大きなものを食べたいということなのだろう。

とか言いながら、安っぽい(というか安い)駄菓子的なおやつも、意外と好きだったりする。
一例を挙げると、ブルボンの一連の袋ビスケット。
ルマンド、ホワイトロリータ、バームロール、ルーベラ、エリーゼ。

滅多に食べるものではないけれど、たまに食べると何だか楽しくて美味しい。
そして、思ったよりも意外とコーヒーにマッチする。
なにより、家庭で食べるお菓子らしいお菓子なので、気持ちがゆったりするような気がするのだ。

名だたるケーキ屋にはケーキ屋の、ブルボンにはブルボンの、それぞれの役割というものがある。
いいねー。
ライトにはライトにしかできない仕事がある、人は誰でも心の中に自分だけの火を持っている、みたいな(笑)

上等のケーキを食べたい日もあれば、1袋100円のお菓子を食べたい日もある。
それが人間だと思うし、それこそが人生なのではないだろうか。

いいねー、ブルボンで人生を語れるなんて(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-06-04 21:48 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 朝、目覚めると、ブロードバンド... 薔薇の花びら噛むと恋がかなうっ... >>