<< マニアックなものは好きだけれど... 「イノダコーヒ」のモーニングセ... >>

まるで「北の国から」みたいに激しい吹雪が街を襲った

b0103470_2053935.jpg

朝、起きると、穏やかな青空が広がっていた。
天気予報では、かなり荒れるという話だったので、また、予報が外れたのかと思った。
いつもの週末のように、ゆっくりと朝食を食べる。

「コーチャンフォー・ミュンヘン大橋店」へ行く。
最近は、街の書店を利用することが多いので、「コーチャンフォー」は久し振りだ。
欲しい本はいろいろあったのだけれど、迷った挙句に買い物せず。

「ミスター・ドーナツ」で、桜のドーナツを買って帰る。

中古カメラの「J.SHOP」をぶらりと覗いてみるが、特に、買うべきものなし。
そういえば、しばらくカメラも買ってないな。

「北海道立文学館」の常設展を観る。
特別展は観ているのだけれど、常設展は久しぶりだ。
展示は充実しているのに、来館者が全然いないのは寂しい。

文学館を出ると、激しい吹雪になっていて、天気予報が当たったことを知った。

午後、部屋の片づけをして、不要なCDを「ブックオフ」で買い取ってもらう。
商品一つずつごとに買取金額を表示したレシートを渡された。
骨董屋さんみたいに、大雑把な買い取りではないらしい。

夕方、街で写真を撮ろうと思っていたけれど、台風のように激しい吹雪である。
とてもじゃないけれど、雪と風が強くて、カメラを使えるような状況ではない。
冬の嵐の街も楽しいとは思ったけれど、結局、写真散策は断念。

それにしても、激しい風だった。
まるで、「北の国から」みたいに、前が全然見えない吹雪になっている。
カレンダーは3月になったというのに、春はまだ遠いらしい。

近所のリサイクル・ショップに行くが、客は一人もいない。
そりゃ、そうか。
なんとなく小懐かしい裁縫箱を見つけて買って帰る。

嵐のおかげで、全然活動できない一日だった。
早く春になってくれないと、本当にダメになっちゃいそうだ(笑)
明日は、街で写真を撮りたいなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-03-02 21:19 | 日記 | Comments(2)
Commented by surigon at 2013-03-03 09:51
昨日は本当に凄かったですね
早く雪が融けて、春になってくれないと、私もダメになっちゃいそうです^^;
Commented by kels at 2013-03-03 21:48
surigonさん、こんにちは。
昨日は本当に人間の非力さを感じましたね。
春が待ち遠しいですね☆
<< マニアックなものは好きだけれど... 「イノダコーヒ」のモーニングセ... >>