<< 将来「文士」になったら骨董につ... 生まれて初めて、僕は目に見えな... >>

昨日よりも美味しく、先刻よりも美味しく

b0103470_1929292.jpg

夕食後にコーヒーを淹れて飲んでいる。
本当は、毎朝、目覚めのコーヒーを飲みたいところだけれど、残念ながら、そんな時間はない。
だから、コーヒーや紅茶は、平日の夜あるいは週末の楽しみとなっている。

夕食を終えて一休みしたところで、古いコーヒーミルを取り出す。
木で作られた手挽きのコーヒーミル。
電動式の大きな機械が欲しいけれど、古くても手挽きでも使えないことはない。

珈琲豆は3日に1度、近所の自家焙煎の店で買ってくる。
最近は、いろいろなお店の珈琲豆を飲み比べている。
少しずつ店の個性が分かってきたので、今後は段々と絞られていくのだろうと思う。

ミルのハンドルを回しながら、珈琲豆をゴリゴリとする感覚は、やっぱり楽しい。
あるいは、この時間さえも、コーヒーを飲む幸せの一つに数えられるのかもしれない。
ぜひとも、子どもたちの世代にも伝えてほしい珈琲文化だ。

豆を挽いたら、ドリッパーに入れる。
KONO式2人用ドリッパーで淹れると、ちょうどマグカップ2杯分になる。
ボコボコやってる熱湯をコーヒーポットに移して一呼吸置く。

お湯は、できるだけ細いやつを、珈琲粉の中心部にゆっくりと注いでいく。
僕がコーヒーを淹れるときにもっとも神経を使うのは、この細いお湯をキープすることである。
とにかく、可能なかぎり細いお湯を、珈琲粉の中心に向って、ゆっくりと注ぎ続けるのだ。

温めておいたマグカップにコーヒーを入れて、香りを確かめ、ひと口すすってみる。
余計な味が混じっていないことを確かめて、ようやく気持ちはリラックス。
よかった、失敗しなくて(笑)

絶対に大丈夫だと思いながらも、コーヒーを淹れるときは、いつも緊張する。
だって、ちょっと油断すると、たちまちコーヒーの味が変わってしまうんだから。
昨日よりも美味しく、先刻よりも美味しく。

こういう、どうでもいいことにこだわる生き方って、我ながら幸せだと思う。
早く引退して、毎日毎日コーヒーを淹れて暮らしたいなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-01-29 19:52 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 将来「文士」になったら骨董につ... 生まれて初めて、僕は目に見えな... >>