<< 読めなかった英語のラブレター 交通機関の中の妙な静寂がとても好きだ >>

普通に淹れて普通に美味しいコーヒーは素晴らしい

b0103470_20311873.jpg

KONO式のコーヒードリッパーを購入して以来、いろいろな店のコーヒー豆を飲み比べている。
なにしろ、札幌市内には自家焙煎珈琲豆を売っている店が多いから、それぞれのお店の個性を味わいながらコーヒーを飲むのが楽しい。

珈琲豆販売を専門にしている店もあれば、カフェの店頭でコーヒー豆を販売している店もある。
最初は標準的な淹れ方をして、2回目以降は多少のアレンジを加えて、できるだけその珈琲豆に合った淹れ方になるように努力している。
ドリップのやり方だけで、こんなにもコーヒーの味が変わるのだと、改めて感心した。

どうしても、上手に淹れることのできない珈琲豆がある。
札幌では有名なカフェのオリジナルブレンドで、店で飲むコーヒーはとても美味しいのだけれど、自宅で淹れると、どれだけ工夫しても同じような味にならないのだ。
お店のホームページにあるコーヒーの淹れ方を参考にしたり、詳しい人に教えてもらったりして、何度か試行錯誤してみたのだけれど、どうにも同じようなコーヒーを淹れるのは難しいらしい。

抽出方法が異なっていたりして、そもそも同じ条件で淹れているわけではないのだけれど、普通の淹れ方をして、普通に美味しいコーヒーが飲めないのであれば、既に自宅で気軽に飲むコーヒーではない。
技術が未熟と言えばそれまでだけれど、どうせだったら、普通に淹れて普通に美味しいコーヒーの方を選んじゃうなあ。

職人さんみたいにも何度も淹れなおしたりして、かなり頑張ってみたけれど、途中でバカバカしくなってしまった(笑)
同じ淹れ方をして、十分に美味しいコーヒーがあるんだから、無理して難しいコーヒー豆に合わせる必要がないような気がしてきたから。

だけど、こういう美味しいけれど個性的なコーヒーを淹れるときって、みんな自宅ではどうしているのだろうか。
お店のコーヒー教室に通えば、目からうろこで美味しいコーヒーが淹れられるのかな。
もっと言うと、ギフトセットみたいな形で贈られた人は、本当にそのコーヒー豆を、お店と同じような味で美味しく淹れられているのだろうか。

うーん、不思議。
というか、コーヒーって本当に奥深いなあ。

ちなみに、現在のベストチョイスは、「板東珈琲」の『ことりブレンド』。
お店で飲んでも素晴らしいけれど、自宅で飲んでも同じ感動を覚えることができた。

だけど、知らないだけで、まだまだ美味しい珈琲豆が、札幌市内にはあるんだろうなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-01-23 20:48 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 読めなかった英語のラブレター 交通機関の中の妙な静寂がとても好きだ >>