<< いつの間にか、秋がまたそこに立... 僕らは「食べるために働いている」のだ >>

「ZAZI」とボビー・ティモンズのモダンジャズ

b0103470_21431814.jpg

土曜日の夜、久しぶりに「ZAZI」へ行った。
「ZAZI」は、1976年開店という、今では札幌市内でも老舗となった喫茶店だ。
現在地で営業を始めたのは、1981年のことだそうで、店内は今も80年代のカフェの趣きを色濃く残している。

2階へ上ると、男子3人組と女子2人組が、それぞれ賑やかな会話をしている。
奥のテーブル席を選んで座り、レモンティーを注文した。
この店では、紅茶といえば「レモンティー」か「ミルクティー」である。
銘柄を指定するのが当たり前となった現代のカフェから考えてみると、やはり、レトロな喫茶店である。

学生時代、週末になるとこの店で過ごすことが多かった。
あの頃も、やっぱり今と同じように階段を上って、2階窓際のテーブル席を好んで選んでいたような気がする。
店内は、やはり若い女の子たちで賑わっていた。

札幌に、カフェブームが到来する前のことで、喫茶店はあってもオシャレなカフェは、まだどこにもなかった。
そういう時代、洗練されたカフェを求める若者たちのニーズに、「ZAZI」はぴったりとマッチしていたような気がする。
今にして思えば、札幌のカフェ文化は、まだまだ黎明期であったのかもしれない。

ボビー・ティモンズのジャズを聴きながら、僕は、ぼんやりとそんなことを考えていた。
あの頃も、店内にはモダンジャズが流れていたのだろうか。
分からない。分からなかった。
どうやら、僕には、あの頃のBGMまで思い出すことはできないらしい。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-11-12 22:09 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by rpn-rierie at 2012-11-13 13:36
こんにちは。
ZAZIさん,懐かしいなぁ~
私も若い頃,友人やボーイフレンドとよく行きました。
やっぱり2階の席,好きだったような気がします。
もしかしたら,すれちがっていたかもしれませんね。
BGMどころか,友人たちと,どんな話しをしたかも思い出せません。
悲しいような,それでよかったような,そんな感じですね。
時の流れって,,
Commented by kels at 2012-11-13 21:00
rpn-rierieさん、こんにちは。
本当に、すれ違っていたこともあったかもしれませんね(笑)
きっと、ZAZIはいろいろな人の思い出の中に記憶されているのではないかなと思います。
あの頃は当たり前の空間だったから、特別な会話やBGMを覚えているわけでもなく、ただ、漠然とした思い出として。
でも、そういう思い出があるっていうことが、幸せなのかな~と思いました☆
<< いつの間にか、秋がまたそこに立... 僕らは「食べるために働いている」のだ >>