<< 日本にブラック・ミュージックの... 「FAB cafe」とデューク... >>

古い世界を捨てて、世界の終りにやってきた

b0103470_1953983.jpg

僕はその帰り道、旧橋のまん中あたりで橋の手すりにもたれ、川を眺めながら門番の言ったことについて考えてみた。
世界の終り。
しかしどうして僕が古い世界を捨ててこの世界の終りにやってこなくてはならなかったのか、僕にはその経緯や意味や目的をどうしても思い出すことはできなかった。
何かが、何かの力が、僕をこの世界に送りこんでしまったのだ。
何かしら理不尽で強い力だ。
そのために僕は影と記憶を失い、そして今心を失おうとしているのだ。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹(1985年)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-11-06 19:58 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)
Commented by Zorki-4u at 2012-11-07 14:11
春樹の作品の中で最もしっくりくるのが「世界の終りとハードボイルド
ワンダーランド」だった。この作品に散りばめられたこの上なく素敵な
散文の数々が今もなお輝きを失うことなく心に留まります。
Commented by kels at 2012-11-07 21:10
Zorki-4uさん、こんにちは。
激しく同意です(笑)
最近、また読み返しながら、ワクワクしています☆
<< 日本にブラック・ミュージックの... 「FAB cafe」とデューク... >>