<< 一人ぼっちで僕はどこまで歩いて... 札幌の歴史紹介ブログ >>

朝から夜まで写真を撮り続けた

b0103470_19345567.jpg

久しぶりに快晴の日曜日、早起きをして市電に飛び乗った。
こうして早朝散策をできるのも、もう残りわずかである。

休日の市電散策は、市電乗り放題の「どさんこパス」300円がお勧め。
往復分だけを考えても、現金で支払いするよりもお得だ。
何より乗り放題というのが魅力である。
細かい区間でも、料金を気にせずに気軽に乗り降りできる。

中央区役所前で電車を降りて、大通公園へ入る。
写真を撮りながら、東に向かってのんびりと歩いた。
朝早い時間とあって、さすがに人影も少ない。
せいぜいが犬の散歩をしている地元民とすれ違うくらいである。

それでも、街に近付くに連れて、観光客の姿も多くなってきた。
ホテルでの朝食前に、見知らぬ街の散策を楽しんでいるのだろうか。

西四丁目から市電に乗って帰宅すると、午前8時30分を過ぎていた。
遅い朝食を、ゆっくりと食べた。

朝食後、サッポロファクトリー方面へ向かう。
とはいっても、目的地は、ファクトリーではなく、旧・永山武四郎邸だ。
まだ早い時間だったためか、観光客もなく、静かに邸内の写真を撮ることができた。

ついでに、サッポロファクトリーのアトリウムで写真を撮る。
新旧の建築物が並んで建っているのだから、ここは面白い空間である。

喉が渇いたので、森彦3号店とも言うべき「D×M」にて一休み。
11時の開店直後だったけれど、既に先客がいたので驚いた。
結局、店を出るまで、女子2人連れが2組、おしゃべりを楽しんでいた。

少し歩き疲れたので、帰宅して昼食を食べたあと、うとうとしてしまった。

日が暮れる前に、モエレ沼公園へ向かう。
久しぶりに、モエレ山から夕日の写真でも撮ろうと思ったのだ。

観光客の姿は、ずいぶん少なくなったけれど、それでも三連休ということなのか、旅人らしい人たちが、夕日目当てに山頂へと集まってくる。
山頂は、下界に比べて風が強くて、おそろしく寒かった。
それでも、一時間近く粘って日没後まで写真を撮り続けた。

陽が沈んだあとは、ガラスのピラミッドへ寄り道。
陽が暮れたといっても、館内には、まだまだたくさんの観光客がいる。
屋上まで上ってみると、日没後の残照が地平線を赤く染めていた。

振り返ってみると、朝から夜まで、ずいぶん写真を撮った一日。
最近は、こうして熱心に写真を撮ることがなかったので、ようやくストレス解消といったところだろうか。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-10-07 19:51 | 日記 | Comments(0)
<< 一人ぼっちで僕はどこまで歩いて... 札幌の歴史紹介ブログ >>