<< 精一杯生きるっていうのは、たぶん 札幌も短夜の季節 >>

所蔵品のためのアネックスがほしい

b0103470_22452014.jpg

机の引き出しの奥から、古いCD-ROMが出てきた。
読み込んでみると、デジカメ画像の保存用に作成していたものらしい。

そもそもCD-ROMの存在さえ忘れていたよと思いながら、パソコンで読み込んでみると、10年くらい前の写真が次々に出てきた。
当時、我が家は引っ越しをしたばかりの頃で、転居前と転居後の対比が面白かった。

昔は、今よりももっと派手に古いモノを部屋の中に並べている。
今では考えられないが、リビングルーム全体を昭和初期のイメージで埋め尽くしている。
なんじゃ、こりゃ(笑)

そういえば、当時は、家中を昭和初期のイメージで装飾していたっけ。
理想は、昭和初期の洋館の応接間みたいな感じだった。
明治時代と現代とをつなぎ合わせる時代が、昭和初期だと信じていたような気がする。

写真をよく見てみると、しばらく見ていないような古物が多い。
アイテムはどんどん増えていくから、飽きたものからクローゼットの中へしまいこむようにしている。
ずっと昔に買ったものは、どんどんクローゼットの奥へと押し込まれていくのだ。

そういえば、あれ、どこにしまったかなと思いながら、クローゼットを引っくり返してみて驚いた。
大量の段ボール箱が、次から次へと出てくるのだ。
よく、こんなに入っていたなと感心するくらいのボリュームである。

しかも、箱を開けても開けても探し物は出てこない。
気が付けば、この時間になってしまっていた。
だめだ、キリがないや(笑)

そろそろ、所蔵品を展示するためのアネックスが欲しいな(笑)
展示するほどのモノは、何もないんだけどね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-09-21 22:58 | 日記 | Comments(0)
<< 精一杯生きるっていうのは、たぶん 札幌も短夜の季節 >>