<< 夏の葬列 わたがし >>

森彦本店の夜カフェ

b0103470_22574457.jpg


閉店間際の「森彦本店」へ出かけた。
夏休み中だから、あるいは混雑しているかもしれないと思ったけれど、夜の「森彦」はやはり空いていた。

2階には、女子2人組が1組と、女子1人客がいるらしい。
テーブル席はまだ空いていたけれど、静かに本を読むことのできる1階テーブル席に座る。

この夏のアイスコーヒーは3種類。
既に、すべての種類を飲んでいるような気がする。

2階にいる2人組のおしゃべりが時々聴こえてくる他は、BGMのゴンチチが心地良く流れているだけだ。
オーダーを受けて、コーヒー豆を挽く音が響いてくるとき、カフェにいる幸せを実感する。

コーヒーを飲んでいる間に、2階の客が相次いで店を出た。
完全な静寂を、もう少しだけ味わっていたくて、アイスコーヒーのお代わりをする。
メニューの多い店だから、コーヒーのお代わりさえも楽しい。

ラストオーダー直前に、最後の客がやってきて、2階へと上っていった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-08-10 23:02 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by おっち at 2012-08-11 00:22 x
喫茶店て 自分での時間が流れるような空間
閉店 間際でも なんか慌ただしくない 時間が
流れてるようで 物語を読んでるようでした♪

オレもたまには そんな時の流れに入りたいです
Commented by kels at 2012-08-11 22:33
おっちさん、こんにちは。
このお店は、特に、時間の流れが外とは違うように感じられると思いますよ。
ぜひ一度、お試しあれ(笑)
<< 夏の葬列 わたがし >>