<< 君がいた夏 The Gift >>

6月最後の一日

b0103470_2239017.jpg


早朝、眩しい光で目を覚ました。
僕の寝室にはカーテンがないので、朝の光がそのまま部屋を包み込んでいる。
爽やかなボサノバを聴きながら、新しい一日の始まり。

カメラを持って街に出る。
早朝の街は、太陽の光を浴びて長い影を造り出している。
オリンパスのOM-10にモノクロフィルムを詰めて、影ばかり選んで撮り歩いた。

都心ビル地下の「さえら」にて、サンドイッチの朝食。
朝9時の開店時間に合わせて店に向ったら、行列ができていて驚いた。
メディアでの紹介記事を見て訪れている人達も多かったらしい。

陽が高くなった後は、久しぶりにデジタル一眼レフ。
バッキリとした写真を撮るには、デジカメはやはりぴったりである。
まして、夏の強い日差しを撮るのだから、デジカメらしさがマッチするわけだ。

大通から札幌駅あたりを徘徊する。
札幌も観光シーズンに入り、旅人の姿が多くなった。
札幌が札幌らしい季節になったような気がする。

大丸百貨店の「コーチ」と「エルメス」で贈り物を探すが、求めているものはなし。
結局、ネットで探した方が早いらしい。

日本生命ビルの「ゴディバ(GODIVA)」で一休み。
ショコリキサー カフェゼリー。
甘い(笑)

大通公園1丁目では「フェアトレード」のイベントを開催中。
友人の店も出ていたが、混雑していたので声をかけずに通り過ぎる。

大通公園の西側では、恒例の「花フェスタ」開催中。
さすがにすごい賑わいだ。
年齢層は高いように思えたけれど、花を好きな人たちは、やっぱり多いのだろう。

熱い日差しを浴びているうちに、鰻を食べたくなった。
「二葉」に向かうも、さすがに昼時ということで混雑している。
あきらめて、冷やしラーメンを食べた。

夕方、「ブラウン・ブックス・カフェ」で休憩。
誰もいない店内、窓辺の席で静かにジンジャエールを飲む。
男子一人客が2人やってきて、店内を物色していった。

夕食、昼に鰻を食べたかったことを思い出して、「吉野家」のうな丼を食べる。
沈んでいく太陽が珍しく真赤だったけれど、空は夕焼けにはあらず。
札幌の都心部で夕焼けを見るのは、なかなか難しいのだ。

夜、「宮越屋珈琲 THE CAFE」で憩いのひと時。
一日歩き続けて疲れたので、冷たい紅茶を飲みながら、雑誌一冊を読み終える。

長かった6月最後の一日が終わった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-30 23:42 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 君がいた夏 The Gift >>