<< パン屋再襲撃 蕎麦屋 >>

社会とのすれ違い

b0103470_2231848.jpg

しっくりとしない一日というのが、一年の間には何日かあるものだ。
それがまさしく今日だった。

朝、家を出てから、靴を履き違えていたことに気がついた。
大切な会議がある日だというのに、ついカジュアルなローファを履いて出勤してしまった。
納得できないままで地下鉄駅に着いた時に、腕時計を忘れていることに気がついた。
今日の会議の時間調整役が自分なので、腕時計なしでは話にならない。
朝から、今日はマズい一日だと思わせられた。

そんな具合で一日は過ぎる。
トレーシングペーパーがほんの少しだけズレているように、まるで世の中と自分とが微妙に食い違っているかのような感覚が、自分の周りを包み込んでいる。
自分が違うのか、周囲が間違っているのか、それさえも分からないままに一日は過ぎ去り、夕方から大切な会議が始まった。

腕時計は、昼休みの間にビックカメラで入手済みだったけれど、時計の問題如何ではなく、時間調整がうまくはかどらず、会議は予定を大きく超えた。
朝から晩まで、すれ違いのままで一日は終わったらしい。

新しい朝が来るころには、何もかも元どおりになっているはずなんだけれど。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-27 22:13 | 日記 | Comments(0)
<< パン屋再襲撃 蕎麦屋 >>