<< 「花と雑貨ひととき」一周年記念... 「さっぽろライラックまつり」も... >>

道立近代美術館「大原美術館展」観てきました

b0103470_21252073.jpg

北海道立近代美術館にて、「大原美術館展」が始まりました。
北海道では、なかなか触れることのできない作品が一堂に会しているということで、かなり見応えのある特別展であることは、確かだと思います。

ひとつひとつの作品が充実しているので、かなりゆっくりと時間をかけて観覧することが求められそうです。
今日は駆け足での観覧だったので、期間内にまた何度か行ってみたいと思います。

図録の表紙は、児島虎次郎「睡(ねむ)れる幼きモデル」。

大原美術館は日本最初の西洋美術館として1930(昭和5)年、倉敷市に創設。
中核をなす絵画部門は、ヨーロッパと日本の近代、戦後アメリカ美術から現代に至る、それぞれの時代の前衛的な作品です。
その大原美術館の主要作品80点が初めて海峡を渡り、北海道でご覧いただけます。

「北海道立近代美術館」の公式サイトより



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-19 21:38 | 芸術 | Comments(0)
<< 「花と雑貨ひととき」一周年記念... 「さっぽろライラックまつり」も... >>