<< 「栗谷川健一生誕100年展」と... 大人のプレイスポットのマッチ箱 >>

お料理サロン&カフェ「うららか」

b0103470_874673.jpg

3月に入り、札幌の街は少しずつ春の気配を感じさせるようになりました。
朝の日の出時間が早くなり、夕方の日の入り時間が遅くなりました。
毎朝、出勤時に眺めていた朝焼けを、今はもう見ることはありません。

青い空が広がることが多くなりました。
札幌の冬は、とにかく日照時間が少なくて、青空が広がることはほとんどありません。
暗くて灰色の空に覆われていた日々が、少しずつ青い空に包まれるようになりました。

凍えるような寒さが少しずつ和らいで、雪の粒が少しずつ大きくなりました。
水分を多く含んだ重たい雪が、春の近さを想像させています。

少しずつ少しずつ近づいてくる季節の移り変わりの中で、カフェで過ごす時間も少しずつ短くなってきました。
まるで冬眠でもしているみたいに、一日中カフェの中でぬくぬくと過ごすことが多かった真冬に比べて、本当に少しずつですが、外で活動する時間が増えてきています。

b0103470_88171.jpg

さて、近代美術館エリアをうろうろしていたら、「うららか」というカフェを発見。
雰囲気が良さそうだったので、事前情報なしに入ってみました。

店内は広いのですが、その多くを大きな料理作業用テーブルが占有しています。
いかにもな料理教室という感じの雰囲気です。
その周囲に配置されている小さなテーブル席は、既に満席で、すべてのお客さんが女性でした。

料理用テーブルの横にある大きなテーブルの隅に座って、ぜんざいを注文。
スタッフももちろん女性のみで、なんだか料理教室で試食しているような気持ちになりました(笑)
ある意味、贅沢なカフェですよね~。


お料理サロン&カフェ「うららか」
札幌市中央区大通り西17丁目大久保ビル1F
011-640-2367
定休日:毎週水曜、祝日、第1、3日曜
OPEN 12時~料理がなくなるまで


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-04 08:29 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by artigana-g at 2012-03-08 09:30
おはようございます.
こちらのお店の場所,元はお肉屋さんだったんですよね.母や祖母がとてもお世話になっておりました.私が小さい頃は,戦争で片手をなくしてしまったという店主が毛糸の手袋に詰め物をして手の代わりにしながらいつも揚げ物を揚げていて,私はお肉屋さんに行くたびにいつもその手袋をじっと見てしまいました^^;
この17丁目の商店街はいつの間にかお店が減ってしまい,母も買い物する場所を変えざるを得なくなりました.
かつてはあったお魚屋さんやお酒屋さん,金物屋さん,お風呂屋さん,,突然昔の風景を思い出しました.
Commented by kels at 2012-03-08 22:40
artigana-gさん、こんにちは。
このエリアにも、そんな歴史があったのですね。
さすがに地元の情報です!
移り変わる街を忘れないように、僕も街歩きを続けていきたいです☆
<< 「栗谷川健一生誕100年展」と... 大人のプレイスポットのマッチ箱 >>