<< 幻の「さっぽろサブレ」 市民の歌/札幌市 >>

宮越屋珈琲 Pagliacci

b0103470_2144150.jpg

藻岩山山麓通りから「宮越屋珈琲HIGH GROWN CAFE」へと上っていく山道への入り口部分に、もう一軒の「宮越屋珈琲」があります。
山麓通りの入り口には「宮越屋珈琲THE CAFE」があるなど、この辺りは意外と宮越屋珈琲の集まっている地域ということができそうです。

さて、日曜日の夕方に、その「宮越屋珈琲 Pagliacci」へ行ってきました。
山麓通りのドライブついでに立ち寄るには絶好のポイントで、薔薇園下の「HIGH GROWN CAFE」みたいに高額のお店ではないので、安心して利用することができます。

山側の駐車場に自動車を止めて店内に入ると、左手がカウンター席、右手がボックス席になっています。
一番奥のボックス席に座ったとき、BGMにシューベルトの「アルペジョーネソナタ」が流れていました。
BGMにはモダンジャズが多い「宮越屋珈琲」としては珍しく、このお店ではクラシック音楽を流していて、ちょっと懐かしい名曲喫茶的な風情を漂わせています。

店内の壁には、常連のお客さんが撮ったのかと思われる風景写真が飾られていたりと、いろいろな面で「宮越屋珈琲」らしからぬ雰囲気。
まるで、住宅街の中の街の喫茶店といった趣です。

b0103470_21441552.jpg

「宮越屋珈琲」らしくないといえば、このお店のコーヒーも「宮越屋珈琲」らしくない、マシンを使用したコーヒーです。
メニュー表も、「マイルド」や「フレンチ」といったものはなく、「ストレート」とか「ストレート(粗挽き・軽め)」などというふうになっています。

うーん、どこまでも「宮越屋珈琲」らしくない「宮越屋珈琲」です☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-02-20 21:50 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 幻の「さっぽろサブレ」 市民の歌/札幌市 >>