<< 「nano cafe」グッズ販売中 九条万里子「すすきのブルース」 >>

「ほっかいどうお菓子グラフィティー」買ってきました

b0103470_1984723.jpg

「ほっかいどうお菓子グラフティー」を買ってきました。
「お菓子博士」こと塚田敏信さんによる北海道銘菓の詳しい解説が掲載されています。
北海道郷土誌の史料として、貴重な存在になってくれそうです。

構成は、明治のお菓子、大正のお菓子、昭和前期(戦前)のお菓子、昭和中期(戦後)のお菓子、昭和後期(成長期)のお菓子といったように、時代別の区分になっています。
登場するのは、北海道の歴史に名を残す懐かしスイーツ58品。

ざっと紹介してみると、五勝手屋羊羹、えべつまんじゅう、煉瓦もち、旭豆、バナナ饅頭、月寒あんぱん、柳もち、バターせんべい、日本一きびだんご、フルヤミルクキャラメル、山親爺、塊炭飴、花園だんご、とうまん、よいとまけ、しおA字フライビスケット、クリームぜんざい、梅屋のシュークリーム、三方六、白い恋人などなど、まさしく北海道のお菓子の歴史の集大成ともいうべきラインナップです。

早速、この本をガイドにして、北海道のお菓子巡り、やってみたいですね。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-01-31 19:37 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)
<< 「nano cafe」グッズ販売中 九条万里子「すすきのブルース」 >>